HDMIを地デジの信号に変換、安価に館内放送や映像録画を実現する通好みのアイテム「XHEAD-2」

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日から開催されている「CEATEC JAPAN 2016」において、なかなか通好みのアイテムが展示されています。詳細は以下から。

これが今回、電波新聞社のブースで展示されていた「XHEAD-2」の概要。HDMI出力を地デジの信号形式(ISDB-T)にリアルタイム変換するコンシューマー向けOFDM装置で、テレビのアンテナ端子経由で映像を受信できるようになります。

XHEAD-2本体。

HDMI入力で受信した映像をHDMI出力、RF出力可能。初代ファミコンについていた、映像をアナログテレビの1チャンネルまたは2チャンネルで受信できるRF出力端子と基本的にコンセプトは同じです。

これによりHDMIケーブルだと減衰が激しくなってしまうような宅内の別の部屋でも、アンテナ線経由で映像を送信可能に。気になる本体価格は6~7万円台になる見込みで、発売は2017年を予定しています。


実際にPS4から出力した映像(左)とXHEAD-2で出力した映像(右)を比べるとこんな感じ。エンコードが発生するため、0.2秒ほどの遅延があるものの、ちゃんと表示できています。

発売元の公式ページは以下から。

マイコンソフト株式会社
http://www.micomsoft.co.jp/

・関連記事
家電業界の見本市「CEATEC JAPAN 2016」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Ankerの新家電ブランド「eufy(ユーフィ)」発表会まとめ、安価なロボット掃除機やスマホを充電できるデスクライトなどが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】まもなく発表のNexusに代わるGoogle最新スマホ「Pixel XL」「Pixel」の性能情報まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

Zenfone 3ついにお披露目、ASUS発表会「Zenvolution」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加