完全現場主導で開発、シャープの新機軸となる無料の携帯電話充電器「ソーラー充電スタンド」

このエントリーをはてなブックマークに追加

本日閉会した家電の見本市「CEATEC JAPAN 2016」。

8KテレビやIoTなど、さまざまな分野の展示が行われていた中で、完全に現場の声をベースに開発したという、非常にユニークな製品が展示されていました。すでに実用化に向けた実証実験も済ませており、今後全国各所で見られるかもしれません。詳細は以下から。

これがシャープが展示していた「ソーラー充電スタンド」。ざっくり説明してしまうと、太陽光パネルを使ったLED街灯 兼 訪日観光客などに向けた無料の携帯電話充電器です。

パネルで発電した電気は蓄電池に貯められ、携帯電話の充電や夜間のLED照明に用いられます。

これにより最大4台の携帯電話を同時に充電可能。


充電中ボックスにカギはかからないため、スマホが見える範囲にいる必要がありますが、シャープの開発者によると、これは鍵を取り付けることで管理コストが発生することを防ぐため。また、観光街の真ん中に設置したり、デジタルサイネージと組み合わせて設置することで、充電中の観光客などがじっくりと周囲に目を配るようになるなど、経済効果につながることなども期待できるとしています。

さらに太陽光発電システムを採用しているため、非常時には「停電していても稼働する照明 兼 携帯電話の充電器」として活躍することも。訪日観光客などの充電ニーズに応えられるだけでなく、いざという時の備えにもなるわけです。

太陽光パネルおよび本体の柱は台風でも耐えられるよう、風速60メートルでも耐えられるように設計されています。

なお、シャープの開発者によると、このソーラー充電スタンドは完全に現場の声をくみ上げて開発した製品で、6年間のリース契約で月間3万円程度で設置可能。都内で1年間にわたって行われた実証実験の結果も良く、すでに観光地を抱える自治体などから発注があるとのことで、東京都環境公社がデザインしたピクトグラムを使い、認知を広げていくとしています。

・関連記事
家電業界の見本市「CEATEC JAPAN 2016」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

なんと1000ppi以上、iPhone 7の3倍以上の超高精細ディスプレイをシャープが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

横から見るとただの紙、近未来感あふれる8Kシート型有機ELディスプレイ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加