記憶喪失?安倍首相「我が党においては結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

1年前の安保関連法制の審議で何が起こったのか記憶にないのでしょうか?

安倍晋三首相は17日の環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案を審議する衆院特別委員会で、「我が党においては(1955年の)結党以来、強行採決をしようと考えたことはない」と発言しました。

これは民進党の今井雅人議員が衆院TPP特別委員会理事(辞任済)を務めた自民党の福井照衆院議員の「この国会ではTPPの委員会で西川先生の思いを、強行採決と言う形で実現するよう頑張らせていただく」との発言に関して行った質疑に答えたもの。

安倍首相は「円滑に議論し、議論が熟した際には採決する。民主主義のルールにのっとっていくのは当然のこと。この考え方とは相いれない発言であったから(福井氏)本人が辞職した」と答えています。

なお、福井照議員は辞職に際し、「この国会でどうしても採決したいという、安倍総理大臣の思いを申し上げたにすぎない。ただ、与野党の筆頭理事による協議も始まっていない状況なので、誤解を招いたことは大変申し訳なく、おわびを申し上げたい」と述べていました。

しかし、問題は自民党が「結党以来強行採決をしようと考えたことはない」という安倍首相の発言です。過去に自民党は何度も強行採決を行っていますし、安倍首相の在任中である2015年9月17日にも参議院平和安全法制特別委員会において、強行採決が行われています。BUZZAP!でもこの時の模様は記事化していますし、動画も以下のように残されています。

【参・安保法案】特別委員会での強行採決の瞬間。委員会のメンバーではない自民党議員が乱入して、鴻池委員長を取り囲む。 – YouTube

この1年前の極めて大きな出来事を安倍首相は忘れてしまったのでしょうか?それとも「速記中止」の後に「発言する者多く、議場騒然、聴取不能」との速記が出されているように強行採決どころではない越権行為であったから強行採決にはカウントされないということなのでしょうか?

なお、この議事録は未定稿であり、10月11日の公式の議事録では「速記を開始」「質疑を終局した後、いずれも可決すべきものと決定した」などの議事の進行とは全く異なる文言が勝手に書き加えられていました

このように議事録が書き換えられていたことで、安倍首相の中であの強行採決は「無かったこと」になっているということでしょうか?だとすれば歴史修正主義の誹りを免れることはできなそうです。

安倍首相「我が党、強行採決しようと考えたことない」:朝日新聞デジタル

砂川判決と戦争法案 最高裁は集団的自衛権を合憲と言ったの! ?
内藤功(元砂川事件弁護団) 新井章(元砂川事件弁護団) 大森典子(元砂川事件民事事件弁護団) 吉永満夫(砂川事件再審請求弁護団) 土屋源太郎(砂川事件元被告) 山口広(弁護士) 海渡雄一(弁護士) 福田護(弁護士) 中川亮(弁護士) 小川隆太郎(弁護士) 長谷川悠美(弁護士)
旬報社
売り上げランキング: 318,085
新・戦争のつくりかた
新・戦争のつくりかた
posted with amazlet at 16.10.17
りぼん・ぷろじぇくと
マガジンハウス
売り上げランキング: 62,769

・関連記事
【追記】安保で大揺れの参院特別委員会、自民党がルール無視の越権行為に→速記停止中に「強行採決」 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党議員、国会審議開始前から「TPP強行採決」宣言→「安倍総理大臣の思いを申し上げたにすぎない」と謝罪してTPP特別委理事を辞任 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「TPP断固反対と言ったことは1回もございません」→国内外にばっちり言っていました | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「リーマン前に似てるとは言ってない!」→サミット記者会見で繰り返し言ってました | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「政府軍と反政府勢力の銃撃戦は数百人の死傷者が出ても『戦闘行為』じゃなくて『衝突』だ、法的な定義がないから!」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加