デブのフルパワーでも破壊ならず、画面が割れにくいスマホ「arrows NX F-01J」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモの2016年冬春モデル発表会で、画面の割れにくさを追及したとんでもないスマホが登場しました。詳細は以下から。

「arrows NX F-01J」本体。5.5インチフルHD(1920×1080)IPS-NEO液晶にZenfone 3と同じSnapdragon 625(2.0GHz、8コア)、3GB RAM/32GB ROM、500万画素前面カメラ、虹彩認証「Iris Passport」を備えたAndroid 6.0スマホです。

ディスプレイは色再現性96%

背面には2300万画素カメラに2850mAhバッテリー

側面はこんな感じ。



外周のフレームに高硬度7000シリーズのアルミニウムを採用。防水・防塵だけでなく耐衝撃性能を獲得しています。

ワンセグ・フルセグ用アンテナ

実際に触ってみたところ。Zenfone 3と同じプロセッサなだけあって、なかなか快適。フルスペックとまではいかないものの、十分な性能を備えていることが分かります。

カラーバリエーションは3色です


arrows NX F-01Jは富士通独自の「SOLID SHIELD」構造を採用することで、画面の割れにくさを追求。高さ1.5メートルから26方向で落下させても画面が割れません。



筐体の内部にはステンレスフレーム、ステンレスホルダを採用しています。

そんなarrows NX F-01Jですが、実際どれだけ画面が割れにくいのかを試すチャンスが。拷問器具のようなアイテムのレバーを握りしめ……

画面の一点のみをプレスします。

しかし画面は割れませんでした。

なお、実際に説明員さんが試した様子はこんな感じ。

これだけでは物足りないので、90キロ近い体重すべてをかける意気込みで「このっ、このっ、arrowsめえええええ!!!!!!」とばかりに思いっきりプレス。しかし画面は何とも無かったため、「割れにくいスマホ」の称号は確かなようです。

・関連記事
NTTドコモの2016年冬~2017年春モデル発表会まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7での強みは?国内最速・下り最大512Mbpsを実現するドコモがネットワークを解説 | BUZZAP!(バザップ!)

「20GB」で並ぶ携帯各社、速度制限や通信の最適化について問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

iPhone 7はドコモの「下り最大512Mbps」やソフトバンクの「Massive MIMO」などの新技術に対応するのかをまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加