公式が #ヤバいのが来た と豪語するケンタのCHIZZA(チッザ)が本当にヤバいのか実食してきました

このエントリーをはてなブックマークに追加

ピザ生地をフライドチキンに置き換えるという禁じ手を放ったケンタ。果たしてどこまでヤバいのでしょうか?

これまでも「チキンフィレダブル」や「ダブルダウンドッグ」(日本未発売)などで世界のファンを驚かせてきたケンタッキーフライドチキン。またもややってくれました。

今回数量限定で発売されたCHIZZA(チッザ)はチキンとピザを合わせた造語。そして商品もチキンとピザの悪魔合体という聞いただけでヤバさのツタ笑う代物です。

チキンの一枚肉をピザ生地の代わりに用い、その上にトマトケチャップ(トマトソースではないところに注目です)、オニオン、コーン、サラミ、チーズ&チーズソースを載せてオーブンで焼き上げるという、この上なく完璧なカロリー爆弾となっています。

ケンタのツイッター公式アカウントは昨日「\ヤバイのが来た/」としてこのCHIZZAの情報を公開。公式自らがヤバいと豪語するという自信は並々ならぬもの。これは食べてみるしかありません。

と、いうことでさっそくケンタを訪れてみました。もちろんCHIZZAは開店時間から提供されています。ちなみにオーダーを受けてからオーブンで焼くため、空いている時でも5分間ほど待つことになるので急いでいる時は注意が必要です。

こちらは店舗に置かれていたフライヤー。危険であることを強調していますが、食欲の秋に体重的に極めて危険なことはよく分かります。

そしてオーダーから5分ほど、席で待っていると出てきたのがこちら。デカいです。トレーの2/3を超える、宅配ピザの箱を思わせる容器に入っています。フライヤーと忠実に同じ形なのがよいですね。

さて、どーんと開けてみました。お分かりになるでしょうか?箱のサイズに対してかなりいっぱいいっぱいの大きさです。チーズの香りが辺りにふわっと立ちこめます。

4つに切り分けられているCHIZZA、サラミも大きく、オニオンやコーンも大量に入っています。

手に持ってみると結構なボリューム。骨なしチキンなので厳密には比べられませんが、ひとつでケンタのチキンの1ピースくらいのボリュームはありそうです。

味としては、まずチーズとケチャップがガツンときます。イタリアンレストランで食べる本格的なピザというよりは、巨大なコーラを飲みながら食べるタイプのチープでジャンクなピザの味です。そして、意外にもチキンはケンタのオリジナルチキンのあの味ではありません。少なくともトッピングの下でその主張は感じられません。

よく考えればあの濃厚なオリジナルチキンの味とチーズやケチャップでは味が濃過ぎてしつこく食べきれるものではないため、ピザ生地の代わりに使う以上薄味にまとめるというのは当然の選択と言えそうです。

とはいえ、チキン好きの大食らいでなければ全部をペロリと平らげるのはかなり重めなので、友達とつまむといった食べ方の方が向いていそう。家飲みをする時のお土産などにはインパクトもあり喜ばれそうにも思えます。

今後もこうした路線はぜひとも突き詰めていってほしいところですが、次はいったい何を出してくれるのか、期待がどんどん膨らんでいきます。

ケンタッキーフライドチキンの奇跡―17期連続2ケタ成長の戦略
山口 広太
経林書房
売り上げランキング: 1,024,060

・関連記事
【食事前注意】ケンタッキーのチキンでソーセージを包み込んだ超肉食系「ダブルダウンドッグ」に世界が騒然 | BUZZAP!(バザップ!)

ケンタッキーがフライドチキン味の「食べられるマニキュア」を開発 | BUZZAP!(バザップ!)

ケンタッキーフライドチキンの匂いを部屋中に充満させられるアロマキャンドルが発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

ケンタッキーのオリジナルチキン食べ放題はどこまでお得か検証してきました | BUZZAP!(バザップ!)

【画像】1日に必要な摂取カロリー2000kcalをファストフードで見てみると? | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加