【悲報】ロシアの地方当局、住民から修繕要望のあった道路をフォトショップで「舗装」

このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルとヴァーチャルの境界が大きく揺らぎ始めています。詳細は以下から。

道路や水道などのインフラを整備し、メンテナンスするのは地方行政の重要な職務です。しかしロシアのサンクトペテルブルク当局は住民から修繕要望のあった道路をフォトショップで舗装し、工事が完了したと報告して炎上してしまいました。

問題になったのはサンクトペテルブルクのプリモルスキー区の歩行者用道路でのこと。2015年3月に近隣住民がサンクトペテルブルクのオンラインポータルサイトである「Our St. Petersburg」にこの道路の修繕要望を出しました。

地方当局の担当部署はこの要望に対し、2016年10月15日までに補修を行う旨を返答。納期が1年半先とはずいぶん長く(そしてロシアらしく)感じますが、この部署は10月31日に工事が終了したとして要望の書き込みに対して以下のようにコメントしました。

やあ、アレクセイ!建設業者によると市が要請した歩道のアスファルト工事は無事に完了したよ。写真を添付しておくね!

そしてコメントに添付されたのがこれらのアスファルトが美しく張り直された「修繕後」の写真だったのです。

しかし実際には歩道の修繕が終わっていなかったため、当然ながら近隣住民からの総ツッコミが入り、まったく修繕されていない現在の証拠写真がSNSなどに多数アップロードされることになります。

それらの画像によってネット上で炎上し複数のメディアが報じる事態になると、プリモルスキー区の行政当局はフォトショ加工された画像によって住民を混乱させたことを公に謝罪しました。

理由として当局が述べたのは「過重労働によるヒューマンエラー」でした。プリモルスキー区のスポークスマンのCyril Zakrevskiiさんによると、苦情対応部門に勤務する職員は2人しかおらず、毎月800件にも上る苦情や要望を捌いているというブラックな労働環境にあるとのこと。

当局は工事が2017年まで遅延することを説明する代わりに、職員のひとりが建設業者が内部用に完成予想図としてフォトショで作成した画像を施工後実際の画像だと思い込み、施工が行われたものと勘違いして報告してしまったとのこと。

ありそうと言えばありそうなミスですが、このもっともらしい説明には納得していない人も少なからず存在しているようです。トカゲの尻尾切りにも見えますし、ブラック労働の結果としての起こるべくして起きたミスとも見えます。どちらにしても、待遇改善が必要だという結論になりそう。

しかし今回は大勢の住民が通る道路だったために即座に証拠写真付きでツッコミが入りましたが、もし一般人が容易に立ち入れないような場所や場面でこうしたぱっと見では分からない「改ざん」が行われた時、私たちはどこまで真実に迫ることができるのでしょうか?そのような「改ざん」をヴァーチャルであると指摘できるでしょうか?実は意外と大きな問題なのかも知れません。

Russian City Repairs Local Infrastructure with the Help of Photoshop _ Oddity Central – Collecting Oddities

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2014-08-04)
売り上げランキング: 16

・関連記事
ロシアのガソリンスタンドが「女性用水着とハイヒールで給油したらガソリン満タン無料キャンペーン(男女問わず)」を実施! | BUZZAP!(バザップ!)

【動画】一方、ロシアは投げ槍でドローンを撃墜した | BUZZAP!(バザップ!)

ロシアで無神論を唱えた男性、懲役1年の危機に | BUZZAP!(バザップ!)

カナダ人シーク教徒の男性、フォトショ捏造のコラ画像でパリ自爆テロ犯と報道される、ゲーマーゲート問題にも絡みか? | BUZZAP!(バザップ!)

「フォトショップでお化粧」の極致、全てのグラビアが一切信じられなくなる逆回転ビフォーアフター動画 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加