インドのモディ首相「この演説から4時間後に1000ルピー札と500ルピー札は無効にするから」、汚職や脱税、テロ対策として

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Anant Nath Sharma

人口12億人を超えるインドで首相がとんでもない宣言をしました。

インドのモディ首相が突然のテレビ演説で、高額紙幣を演説から4時間後に無効とすると発表しました。大混乱は間違いなさそうです。

モディ首相がこんな無茶を言い出したのは偽造紙幣や汚職、マネーロンダリングなどの根絶が目的。モディ首相は偽造紙幣がテロの資金源となり、インフレの原因にもなっていると指摘しており、選挙公約でも脱税阻止と国外に隠されたブラックマネーの回収も掲げていました。

インドは超格差社会で、銀行口座を持たずに現金決済のみで生活する人がGDPの50%にも及んでいます。こうした傾向は貧困層のみならず、富裕層の税金逃れにも現金決済が使われています。

今回紙くずになる1000ルピーと500ルピーは10日以降12月30日までに銀行などでいったん預金した後で新紙幣で引き出すことができるとしており、国として全ての資産とマネーフローを把握するための処置となります。

国民に対しては、「一時的に困難はあるが、みなさんなら国家のためにやり遂げることができる」と理解と協力を求めていますが、米大統領選の投票日に行われる辺り、いろいろときな臭い話が動いていそうだとの指摘もあります。

新紙幣は2000ルピーと500ルピーの2種類に変更されますが、旧紙幣での預け入れが1週間に2万ルピーまでと上限が設けられており、旧紙幣を現金で大量に所持している場合は引き出しまでに多くの時間と手間が掛かることになります。

発表直後から使用不能になる高額紙幣をATMで預金しようと銀行に人々が殺到しており、政府系の病院や鉄道、ガソリンスタンドなどでは例外的に旧紙幣の受入を11日まで続けるとしていますが、既にニューデリー市内のガソリンスタンドなどでは高額紙幣の受け取り拒否が始まっています。

高額紙幣を滅多なことでは持てない貧困層にはあまり影響はありませんが、手元に旧紙幣で14万ルピー以上の現金を持っている場合は預け入れ上限を超えてしまうことになり、現金決済を主としてきた富裕層などには極めて大きな打撃となりそうです。

これから年末に掛けていったいどのような混乱が起こることになるのでしょうか。国が巨大なだけに予断を許しません。

インド、高額2紙幣の使用禁止 不正マネー対策で:日本経済新聞

インド首相「高額紙幣、4時間後に無効」 混乱は必至:朝日新聞デジタル

インド:高額紙幣を廃止、脱税と汚職対策-モディ首相が演説で表明 – Bloomberg

(Photo by Anant Nath Sharma

きっと、うまくいく(字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 13,217

・関連記事
【印度通信 まとめ】 | BUZZAP!(バザップ!)

インドのストリートチルドレンたちが自分達の将来のためにリアル子供銀行を設立 | BUZZAP!(バザップ!)

人類史上初の「隕石による死亡事故」がインドで発生か | BUZZAP!(バザップ!)

ジョージ・ハリスンが1966年にインドを旅した時の貴重な自画撮り画像 | BUZZAP!(バザップ!)

【注意喚起】今後インドでは立ちションすると覆面の男たちに放水車で攻撃されます | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加