Appleがメガネ型デバイスを開発中か、iPhoneの情報を視界に投影

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneの売り上げが減速し始める中、Appleが次なる一手を模索しています。詳細は以下から。

Bloombergの報道によると、Appleはメガネ型デバイスに代表されるウェアラブルコンピューティング分野への展開を検討していることを業界関係者が明かしたそうです。

まだアプローチを模索している段階ではあるものの、ウェアラブル端末は拡張現実(AR)を駆使したもので、iPhoneなどとワイヤレス接続して得た情報をユーザーの視野に投影する形になる可能性があるとのこと。

すでにテスト生産のため、Appleは部品メーカーから少量のメガネ型デバイス用ディスプレイを発注。ただし量産のメドがつくまで、大量に発注することはないだろうと関係者はコメントしています。

なお、別の関係者によると、Appleがもしメガネ型デバイスの開発を続行する場合、早ければ2018年にも発売されるとのこと。しかし同社は今まで数多くのプロジェクトをお披露目することなく中止してきた前例があるほか、Appleの広報担当者もコメントを控えています。

メガネ型デバイスという本体の大きさが限られてしまう製品で、ユーザーに十分なクオリティのARサービスを提供するためには処理能力やバッテリー、各種部品の問題があるわけですが、はたしてAppleはそれらのハードルを乗り越えることができるのでしょうか。

Apple Considers Wearables Expansion With Digital Glasses – Bloomberg

・関連記事
ついにAppleが安価な「整備済みiPhone」を自社で販売開始 | BUZZAP!(バザップ!)

総務省の要請でiPhoneやXperiaさらに値上げへ、週末限定セールなども規制対象に | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ値引き規制で携帯出荷が過去最低に、国内メーカー大打撃も総務省はさらに規制強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加