外食産業が変わる?ロイヤルホストが24時間営業を終了し定休日も復活の可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Chris Guy

24時間営業が常態化していたファミリーレストランに変化が始まる予感です。詳細は以下から。

ファミリーレストランといえば24時間営業。都会を中心に、気がつけばそれが当たり前のようになっていました。そんな中、スピッツに「街道沿いのロイホで夜明けまで話し込み」と歌われたロイヤルホストが24時間営業に終止符を打つことになりました。

スピッツ「ナナへの気持ち」 – YouTube

ロイヤルホストを運営するロイヤルホールディングスは2017年1月までに24時間営業をやめ、同時に早朝や深夜の営業短縮も進めていくことを明らかにしました。定休日に関しても導入を検討していく方針です。

ロイヤルホストは全国に223店舗ありますが、かつては大半が24時間営業だったものの2011年頃から営業短縮に取り組み始め、現在では東京都の府中東店と大阪府の桜川店のみで24時間営業を行っています。営業時間短縮も着々と進んでおり、全店平均で前年比30分以上短くなっているとのこと。

理由としては人手不足による賃金上昇があり、売上高がコストに見合わなくなってきているため。また人手不足の状態やコスト削減の目的で少人数で無理に営業をすれば、以前のすき家のワンオペ問題のように従業員に長時間の過酷な労働を強いることにもなりかねず、訴訟リスクなども伴います。

ファミリーレストランは居酒屋などと違い、深夜の客にはドリンクバーだけ頼んで朝までひたすらダベるだけというケースも少なくありません。結局開けていても大して儲からないなら閉めるのは極めてまっとうな判断と言えそうです。

また、深夜にファミリーレストランを訪れる客が減っているとのことですが、「生活習慣の変化」というよりも「『貧困女子高生』の1000円ランチすら高価だと叩かれる」ような貧困の蔓延が一因となっている可能性もあるのかもしれません。

ロイヤルホスト、24時間営業廃止へ 定休日も導入検討:朝日新聞デジタル

(Photo by Chris Guy

インディゴ地平線
インディゴ地平線
posted with amazlet at 16.11.18
スピッツ
ユニバーサルJ (2002-10-16)
売り上げランキング: 14,150

・関連記事
マクドナルド、甘さ全開のデザート用「ヌテラバーガー」をリリース | BUZZAP!(バザップ!)

公式が #ヤバいのが来た と豪語するケンタのCHIZZA(チッザ)が本当にヤバいのか実食してきました | BUZZAP!(バザップ!)

【おいしそう】モンスター丼「特盛カキからドーーン」をガストが発売、カキフライ8個+唐揚げ4個の計12個! | BUZZAP!(バザップ!)

超絶激辛の唐辛子「ブート・ジョロキア」を食べた男性、食道破裂で3週間以上病院送りに | BUZZAP!(バザップ!)

【昆虫食】食用ミールワームを卓上で大量飼育できるお手軽農場キット「Hive」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加