ブラック企業の全求人をハローワークや民間職業紹介事業者から締め出しへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック企業への入口を潰す方針が強化されました。詳細は以下から。

厚生労働省は6日、労働条件や待遇が劣悪なブラック企業からの求人をハローワークが拒否できる制度の対象を現行の新卒求人から中東採用、パートなどの全求人に拡大する方針を固めました。ハローワークでは既に今年3月から労働関係法令違反を放置するブラック企業の新卒求人を受理しない取り組みを始めていましたが、ブラック企業への包囲網をさらに強める形となります。

また、同時にハローワークだけでなく民間の職業紹介事業者もこの制度を利用可能とし、行政指導に従わない超ブラック企業の社名公表制度も新設します。

これによって官民の職業紹介事業全体でブラック企業の求人を全面的に閉め出すこととなり、より質の高い求人を企業側に提供させる狙いです。

この方針は12月7日に開かれる労働政策審議会の部会に示すこととなっており、2017年の通常国会で関連法を改正し、3年以内の実施を目指します。

ブラック企業問題の解決だけで現在の貧困問題が解決するわけではありませんが、こうしたブラック企業への締め付けと排除は第一歩として極めて有効と言えます。

ブラック労働が撲滅されることで一時的にコストが上昇したとしても、それは正常な労働環境を維持させるために必要なもの。別のところを削って結果的に別の誰かがブラック労働に陥ることがないよう常に監視が必要となります。

ブラック企業求人全面排除へ 民間紹介業者も拒否可能に – 共同通信 47NEWS

厚労省、ブラック企業対策強化 ハローワークで拒否拡充  :日本経済新聞

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
今野 晴貴
文藝春秋
売り上げランキング: 9,682
ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)
古川 琢也
晋遊舎
売り上げランキング: 171,173

・関連記事
泣き寝入りは不要「バイト先でクリスマスケーキやお歳暮、おせちの自腹購入を強要されたら?」への答えが大反響 | BUZZAP!(バザップ!)

ブラック企業の「虚偽の求人内容」に懲役刑適用へ、厚労相が法改正検討 | BUZZAP!(バザップ!)

ついに労基署がブラック企業撲滅に本気、サビ残支払い指導142億円や賃金不払い社長逮捕も | BUZZAP!(バザップ!)

【ブラックボランティア】東京五輪ボランティアは語学・競技知識習得、宿代、交通費など、「ユニフォーム以外全部自腹」に | BUZZAP!(バザップ!)

しゃぶしゃぶ温野菜の「ブラックバイト裁判」、被告の運営会社DWE Japan社長がマスコミに店名を出さないよう「お願い」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加