ネット動画バー「ニコバー」が非リアを全力支援、12月24日に「カップル会計2割増」キャンペーン

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニコバーがクリスマスイブにおひとり様や非リアを全力支援することが明らかになりました。詳細は以下から。

カップルや友達グループが和気藹々と盛り上がる中、「リア充爆発しろ!」の悲鳴が飛び交うクリスマスシーズン。おひとり様だって、非リアだってクリスマスを楽しんでしまおうという企画が話題になっています。

この企画が催されるのは札幌発のネット動画バーとして現在東京、大阪、名古屋、福岡にも展開している「ニコバー」。公式HPによると「店内に設置された大型モニターで動画を見ながら飲んだり食べたりできるお店」とのこと。店内のPCで自分で動画を選んで店内に流せるという辺りはジュークボックスのネット動画版と言うこともできそうです。

もちろんバーなのでアルコールも多数置かれており、「ミクトニック」「もうダメぽ」などのオリジナルカクテルも充実していますが、ノンアルコールカクテルやソフトドリンク、各種フードも取りそろえており未成年者も大歓迎というお店です。

また、「キャス主さんやニコ生主、歌い手さんや踊り手さん、ゲーム実況の皆様」らによるイベントも頻繁に行われており、2011年にはZEPP札幌で1300人を動員する大規模ライブ「ニコバーニング」を開催していました。

そうした活動を続けるニコバーがクリスマスに仕掛けるのは「カップル会計2割増」キャンペーン。クリスマスを終了させる代わりにキャッキャウフフと楽しんでいるカップルに割増料金を請求するという「独り身のクリスマスを守る」企画です。

ここで敢えて「ぼっち割引」ではなく「カップル割増」とした辺り、日本のインターネッツの特徴を極めてよく掴んだキャンペーンであると心底関心する他ありませんが、その対象も水をも漏らさぬ徹底ぶりです。男女のカップルは未婚・既婚・公認・非公認を網羅しているのはもちろんのこと、同性カップルも割増対象となり、来店後に告白してカップル成立した場合も対象となります。


・ご夫婦
・浮気相手
・ご来店時は付き合っていなかったが、ニコバー内でクリスマス告白をし、お会計前までに晴れてカップルになった恋人
・同性同士の恋人
・後で恋人が駆けつけて来た(この場合もお二人分全額2割増となります)
・大人数での飲み会のうち交際している恋人2名様分

逆に考えればこの日にニコバーに遊びに来ている人は基本的にシングルであり、カップルがいたとしても割増対象として目立ちます。つまり、ネット動画という趣味や好みが似通っていてクリスマスへの疎外感という共通のムードを持ったシングルが大勢いるとも言えるわけです。

もちろんこうした際に軽薄なナンパ目的が嫌われるのは多くの場で共通なので、鼻息を荒くして乗り込むことが極めて悪手であることは言うまでもありません。ですが、リア充の爆発をひとり願っているよりも、得がたい経験や面白い出会いを通してクリスマスを楽しんでしまってはいかがでしょうか?

・関連記事
やっぱりシュール、テリー・ギリアム監督が1968年に作成したクリスマスアニメーションがじわる | BUZZAP!(バザップ!)

【食事中注意】忌まわしきクトゥルフをモチーフにした名状し難く冒涜的なクリスマスディナー | BUZZAP!(バザップ!)

ありえない超絶技巧、ヘリを使ったクリスマスツリー出荷が神ワザすぎる | BUZZAP!(バザップ!)

アニメとクラブの高次結合、東京ジョイポリスで開催された「リアニポリス」に行ってきました | BUZZAP!(バザップ!)

バウハウスが1920年代に開催したコスプレパーティが自由過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加