アメリカ合衆国で高齢者の大麻使用が爆増中、理由はもちろん…

このエントリーをはてなブックマークに追加

若者ばかりかと思いきや、高齢者の間でも大麻が大流行しています。詳細は以下から。

大麻の合法化が進むアメリカ合衆国ですが、若者の嗜好品と捉えられがちな大麻が実は50代以上の高齢者の間でも流行し、使用量が爆増しています。

ジャーナル「Addiction」に掲載された「薬物使用と健康に関する全国調査(National Survey on Drug Use and Health)」では2006年から2013年の間に50代以上の47140人から回答を得ました。

同調査を行った研究チームによると、調査期間中にこの50代以上の人々の大麻使用者の割合が71%も増加しました。50歳から64歳の世代では伸び率は57.8%に留まりましたが、65歳以上ではなんと増加率が250%にまで達しています。

なお、この調査では大麻使用の目的を医療大麻と嗜好品としての大麻に分けていません。大麻使用が増加した理由としては、2012年にワシントン州、コロラド州で嗜好品としての大麻が合法化されたこと、医療大麻についても合法とする州が徐々に増えてきていることが上げられています。

また、高齢者の中でも第二次世界大戦後に生まれたベビーブーマーと呼ばれる世代の人々の多くは、多感な若者時代にあの1960年代のカウンターカルチャーを実際に体験しています。例えば1969年のウッドストックフェスティバルの熱狂を18歳で迎えた人は今まさに65歳。

1970年代まで残ったあの熱狂の時代を乗り越えてきた世代の少なからぬ人にとって、大麻は若き日のよく知った遊びのひとつだったということになります。

研究の著者のひとり、Joseph Palamarさんはこう述べています。

個人的には高齢者の大麻使用について警鐘を鳴らす必要があるとは考えない。彼らの多くは何らかの意味で経験者であり、大麻使用で自身や他人を害するようなリスクは高くはない。

共著者のBenjamin Hanさんは

高齢者の大麻使用は医療大麻を含めて様々な理由があるだろう。だが、必ず危険な方法で使用しないようにすべきだ。特に気になるの転倒だが、この辺りはまだ研究が進んでいない。

としています。安全に気を付けて使用するのであれば高齢者の大麻は特別憂慮すべき問題ではないとの認識ですが、歴戦の強者たちに今さら何を注意するのかということになりそうです。

More American Grandparents Are Using Marijuana Than Ever Before _ IFLScience

マリファナ合衆国: アメリカの合法化政策を通して学ぶ、大麻との上手なつきあいかた
エンセオーグ・プレス (2014-04-02)
売り上げランキング: 49,758

・関連記事
合法化された大麻をシアトルの3人のおばあちゃんが初体験する映像が世界中で大反響 | BUZZAP!(バザップ!)

合法化された大麻を、今度は引退した3人の警官が楽しみまくっている映像が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

大麻完全合法化から1年、コロラド州で起こったこと、起こらなかったことについて | BUZZAP!(バザップ!)

大麻完全合法化から3年を経たコロラド州の大麻産業、既に全米第1位のクラフトビール産業よりも巨大化 | BUZZAP!(バザップ!)

米の医療大麻のシェアが拡大、165億円規模の医療費削減に | BUZZAP!(バザップ!)

世界を癒やすため、カリフォルニアで大麻を育てる尼僧たち「Sisters of the Valley」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加