公取委が携帯3社を調査へ、販売代理店のアプリインストールを拘束した疑い

このエントリーをはてなブックマークに追加

総務省に続いて公正取引委員会が携帯各社に対する監視の目を強めます。詳細は以下から。

日本経済新聞社の報道によると、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社がスマホ販売代理店の事業を不当に拘束した疑いがあるとして、公正取引委員会が独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで調査を始めたそうです。

これは携帯3社がスマホの販売代理店に対し、自社が制作、選択したアプリ以外のアプリをインストールしないで販売するよう求めた疑いによるもの。

携帯電話販売店は「コンテンツ」「オプション」などという名目で、本体代を割り引く代わりに特定のアプリケーションをインストールするサービスを実施。

しかし日本経済新聞社の問い合わせに対してドコモが以下のように回答するなど、そのようなサービスに携帯各社は必ずしも好意的ではないのが現状です。

消費者保護やブランドイメージの保護等を目的として、ドコモショップにおける他社アプリ(アフィリエイト)の取り扱いについて一定のルールを設けているが、関係法令等を順守した取り扱いを実施していると考えている

アフィリエイト目当てに質の悪いアプリをインストールするよう、ユーザーに求める事例が発生するおそれもあることを考えると、必ずしもメリットばかりとは限らない販売代理店によるアプリインストール制限の解禁。

微妙な匙加減が求められるところですが、はたしてどのような形で決着するのでしょうか。

公取委、携帯3社調査 スマホ販売店を不当拘束か  :日本経済新聞

・関連記事
スマホ値引き規制で携帯出荷が過去最低に、国内メーカー大打撃も総務省はさらに規制強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

総務省の要請でiPhoneやXperiaさらに値上げへ、週末限定セールなども規制対象に | BUZZAP!(バザップ!)

割引クーポンやクレカ加入特典でスマホ実質0円もNG、総務省が携帯3社を行政指導 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加