【朗報】NHKネット同時配信は受信料支払者のみ閲覧可能に、スマホ・PC所有者全員からの受信料徴収はなしに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンセグ携帯についても同様の方針でお願いしたいものですが…。詳細は以下から。

NHKは12月13日に、2019年から本格的に開始する予定のテレビ番組のネット同時配信について、受信料を支払った人のみが閲覧できるようなシステムとする考えを明らかにしました。

今井純専務理事はNHK改革を話し合う総務省の有識者会議で「受信するための手続きを設けて(料金を)ご負担いただく」と発言。具体的には受信料を支払った人だけが得られるパスワードを入力して番組を見られるようにするというもの。高市早苗総務相も「ただ乗りを助長する形になりかねない」と理解を示しました。

これはWOWOWやスカパー!などの有料チャンネルや、Netflix、Hulu、Amazon Prime Videoといった動画配信サービスなどでおなじみのシステムであり、視聴者にとっても分かりやすく納得のできるもの。

NHKの籾井会長は、ワンセグ携帯所持者全員からの受信料徴収について、さいたま地裁の「携帯電話の『携帯』は、放送法が規定する受信設備の『設置』にはあたらない」との判決に真っ向から刃向かって「ワンセグ携帯も受像器の一つだ」と受信料徴収の続行を明言し、高市総務相もこれを支持したという「前科」があります。

このためNHKのテレビ放送とネット配信の同時送信の際には全てのPC、スマホ、タブレットを持つ人全てからの受信料徴収の方針が懸念されてきましたが、極めて一般的な視聴システムの方針が固まったことで最悪の事態は避けられたと言えそうです。

なお、現時点でNHKの受信料を支払っている人への追加負担は行わなれません。ワンセグ携帯についても同様の方針に転換してほしいものですが、技術的に不可能なのでしょうか?

受信料不払いならネット視聴不可 同時配信でNHK方針:朝日新聞デジタル

NHK、ネットに常時同時配信へ 19年から、視聴に条件付き課金 – 共同通信 47NEWS

これでも公共放送かNHK!―君たちに受信料徴収の資格などない
小山 和伸
展転社
売り上げランキング: 51,027

・関連記事
NHK籾井会長、地裁の決定に反しワンセグ受信料徴収の続行を明言、総務省の運用見直し・実態調査要請も無視 | BUZZAP!(バザップ!)

高市総務相「ワンセグ携帯持ってるならNHK受信料払うべき」、さいたま地裁の判決とは真逆の主張 | BUZZAP!(バザップ!)

総務省がテレビ番組の「ネット同時配信」を2019年にも解禁、ただしNHK受信料の徴収付き? | BUZZAP!(バザップ!)

スマホやPC所持だけでも該当?NHK経営委員長が「ネット配信からも受信料徴収」と発言 | BUZZAP!(バザップ!)

NHK受信料の支払いが義務化か、マイナンバー活用で全国民から徴収へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加