妊娠によって女性の脳神経が「再配線」されることが判明

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠した女性の脳神経に変化が起こることが分かりました。詳細は以下から。

妊娠・出産が女性の母性を呼び起こす。そんな話は昔からいくらでも存在していましたが、脳のニューロンが実際に「再配線」されることが新たな研究で明らかになりました。この変化は妊娠によって始まり、出産後少なくとも2年間は継続するとのことです。

脳の大きな変化といえばよく知られているのが思春期の第二次性徴の時期。外見が変わり、生殖能力を持つようになると同時に精神的な変化も起こります。この際に脳の視床下部が性腺刺激ホルモンを分泌するよう脳下垂体に働きかけることが知られています。

バルセロナ自治大学で心理学を学ぶElseline Hoekzemaさんのチームは25人の女性の初妊娠の前後のMRIのデータを比較しました。その結果、妊娠した女性の脳の灰白質の量がいくつかの領域で減少していることが分かりました。これは妊娠したことのない女性とパートナーの妊娠に関わらず男性には見られない特徴でした。

これらの変化は思考、感情、欲望、動機付けなどを理解する領域で発生していました。灰白質の減少というと悪影響のようにイメージしそうですが、Hoekzemaさんによるとこの変化は情報の経路が繊細に整備され、より効果的なネットワークを生み出すための「再配線」であるとのこと。

この「再配線」によって母親が赤ちゃんのニーズを認識し、母子の絆を深め、赤ちゃんが感情的に健康に発育することを助けると考えられます。

研究者らは被験者たちのお産から2年後の脳についても調べましたが、「再配線」はこの時点でも保たれたままだったとのこと。Hoekzemaさんはこうした変化が恒久的なものであると推測していますが、現時点ではあくまで推測の段階です。

この研究は2度目以降の妊娠の時には何が起るのか?脳の「再配線」は脳の活動やパフォーマンスにどのように影響を与えるのか?こうした変化の研究が産後うつをよりよく知るために役に立つのではないか?などのさらなる研究テーマを多数生み出しています。

また、Hoekzemaさんは研究の間に最初の子どもを妊娠し、現在は第二子を妊娠中です。Hoekzemaさんは自らの研究について以下のように述べています。

正直言って、最初の妊娠の時にはこうした変化を怖がっていました。でも、実際に一度経験してみると、妊娠と出産によって母親になったことで本当に自分が変化したと感じました。ただし、とても微妙な形でですけれどね。私はまだ私ですが、ちょっとだけ別バージョンの私になったんです。

妊娠と出産で起きる精神的な変化のメカニズムが脳神経の変化であることが分かれば、辛い状況への対策をより立てやすくなりそうです。

Pregnancy actually re-wires your brain _ Popular Science

・関連記事
ひとりの女性の妊娠から出産までを記録した心温まるストップモーションムービー | BUZZAP!(バザップ!)

学生ママの赤ちゃんが授業中に号泣、その時教授の取った行動がイケメン過ぎると世界中で賞賛される | BUZZAP!(バザップ!)

30年の経験を持つ小児科医が教える「赤ちゃんを一瞬で泣きやませる」秘儀 | BUZZAP!(バザップ!)

赤ちゃんの気持ちが分かる?「大人向けサイズ」のテストライド用ベビーカーが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

LSDを使用すると脳が赤ちゃんに戻る?世界で初めて「忘我の境地」のイメージ化に成功 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加