WiMAX 2+の通信量制限が「3日間で10GB」へと大幅緩和、昼間は完全無制限に

このエントリーをはてなブックマークに追加

WiMAX 2+の通信量制限が一気に緩和されました。詳細は以下から。

UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2017年2月2日(木)から通信速度制限が発生する通信量を「3日間で3GB」から「3日間で10GB」へと大幅に緩和するそうです。

これは2015年4月1日から運用していた「3日間で3GB制限」について、ユーザーの利便性向上およびネットワーク利用の公平性確保の観点から検討を重ねた結果によるもの。

現行の制限内容と規制緩和後を比べるとこんな感じ。従来の3倍となる1日あたり3.3GB(1ヶ月換算で100GB)使える上、どれだけ使おうと速度制限がかからないため、昼間は実質的な完全無制限です。

通信量:3日間で3GB以上→3日間で10GB以上
制限時間帯:翌日13時~翌々日13時→翌日18時ごろから翌々日2時ごろまで
制限後の通信速度:YouTubeの標準画質を視聴できる速度→1Mbps

規制のイメージ。今までよりも使える通信量は大きく、規制される期間は短くなるわけです。

UQコミュニケーションズ公式ページに掲載されている、3GBないし10GBの通信量でできること。制限緩和によって、毎日HD動画を4時間ほど視聴できる計算になります。

ソフトバンクの「ギガモンスター」が20GB・6000円(GB単価300円)、通信量を使い切った際の速度が128kbpsなのに対し、制限に引っかからないように使う場合、100GB・4380円(GB単価43.8円)、制限時の速度は1MbpsとなるWiMAX 2+の「ギガ放題」。

大容量プラン登場でスマホ向けデータ定額プランのパケット単価が大幅に引き下げられたと思いきや、まだまだWiMAX 2+に分があるようです。

・関連記事
まさに爆速快適、SIMロックを解除したauスマホをUQ mobileで使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

実は結構コスパ高め、WiMAX 2+ルーターにUQ mobileの格安SIMを挿して使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

冬コミ(C91)にもWiMAX 2+仮設基地局出動へ、カバーエリア大幅増強で待機列の通信が快適に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加