全長4mの搭乗型二足歩行ロボット「Method-2」、韓国で初めての有人歩行に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の搭乗型二足歩行ロボットが初めての有人歩行に成功しました。詳細は以下から。

多くのSF映画に携わってきたベテランのコンセプトデザイナー、Vitaly Bulgarovさんは韓国のHankook Mirae Technologyと共同で全長4mの搭乗型二足歩行ロボット「Method-2」を開発しました。このロボットはエイリアン2のパワーローダーやパトレイバーシリーズのレイバーのような、コックピットに搭乗して操作するタイプのロボットです。

Bulgarovさんは2016年12月31日にFacebook上に実際にパイロットが搭乗した状態での初歩行テストの成功を報告しました。動画は韓国の研究所内で撮影されたものです。

Method-2 makes its first steps with a human on board!
We're currently revising the frame to reduce the vibration.

Vitaly Bulgarovさんの投稿 2016年12月30日

それ以前の以下の動画ではコックピットに乗り込む様子と両腕の操作が見て取れます。

Vitaly Bulgarovさんの投稿 2016年12月20日

Human Machine Interface and arm motion test. Note the self-balancing the robot does to support wide motions. The engineers over at KFT are true wizards!

Vitaly Bulgarovさんの投稿 2016年12月16日

レイバーのように人によっては酷い乗り物酔いに悩まされることになるのか、そしてパワーローダーのように巨大生物と戦うポテンシャルを持っているのか、今の時点では明らかにされていません。

しかし「Method-2」はエンターテインメント用ではなく、実際に危険な場所や災害時の探索、救助活動などに用いることを想定して開発されているとのこと。本当に作品の中でのレイバーやパワーローダーのような使い方がされることになるかもしれません。

Giant Functional Mech Robot Takes Its First Steps

機動警察パトレイバー 1/48 98式AV イングラム
バンダイ (2014-09-06)
売り上げランキング: 25,413

・関連記事
逃亡不可能、ボストンダイナミクスの二足歩行ロボットAtlasがどんな悪路でも走破できるようアップグレード | BUZZAP!(バザップ!)

触手が蠢く、タコにインスパイアされた「柔らかい」自律型ロボットが開発される | BUZZAP!(バザップ!)

ショッピングモールの重量130kgの警備ロボット、1歳半の幼児を轢いて怪我をさせる | BUZZAP!(バザップ!)

ロボットが自律性テスト中に実験施設から脱走 | BUZZAP!(バザップ!)

戦闘もロボットが行う時代に、グロック26を装備できる遠隔戦闘ロボット「Dogo」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加