SoftBank Airの新端末「Airターミナル3」ひそかに提供開始、下り最大350Mbpsに

このエントリーをはてなブックマークに追加

TD-LTEと互換性を持つ「AXGP」方式を用いた定額無線インターネットサービス「SoftBank Air」に、より高速な通信を実現する新機種が投入されています。詳細は以下から。

SoftBank Air公式ページによると、2017年1月8日現在、ホームルーターのラインナップとして新たに「Airターミナル3」が追加されています。

Airターミナルシリーズの仕様比較。最新モデルでは2.5GHz帯のAXGPに加えて、新たに3.5GHz帯のTD-LTEをサポートしたことで、下り最大速度が261Mbpsから350Mbpsへと増速しました。

Airターミナル 仕様 | インターネット | ソフトバンク

通信速度が増速されるにもかかわらず、特に告知もなかった「Airターミナル3」。3.5GHz帯のエリア整備は各社とも始まったばかりな上、「2.5GHz帯よりもさらに建物の中などに弱い」という弱点があるため、大々的に告知するのは控えざるを得なかったのかもしれません。

・関連記事
ソフトバンクがかなり微妙な「学割モンスター」提供へ、2017年学割商戦を大幅前倒し | BUZZAP!(バザップ!)

実は地雷多め、ソフトバンクの「長期継続特典」の内容を紐解いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

auからUQ mobile、ソフトバンクからワイモバイルへの移行がSIMロック解除不要に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加