UQ mobile初のガラホ「DIGNO Phone」速攻レビュー、ガラケーユーザーが使いやすい機種に

このエントリーをはてなブックマークに追加

UQ mobileが2017年春モデルとして、同社初となるガラホ「DIGNO Phone」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

こちらが「DIGNO Phone」。3.4インチフルワイドVGA(854×480)液晶にSnapdragon 210、800万画素カメラを備えたフィーチャーフォン(ガラケー)で、Wi-Fiにも対応。音声通話やデータ通信に3Gを用いず、4Gネットワークのみで通信。

持ちやすいラウンド形状に耐衝撃・防水・防塵性能、画面が直接震えることで聞こえやすいスマートソニックレシーバー、赤外線、おサイフケータイ、ワンセグを備えるなど、ガラケーユーザーの移行を狙ったモデル。パケット通信を抑えるために、端末を畳んでいる時などに自動通信は行わない仕組みとなっています。



実際に触ってみたところ。分かりやすくぶっちゃけてしまうと、auのガラホ「GRATINA 4G」のUQ mobile向けモデルです。

・関連記事
UQ mobileが2017年春モデル発表、初のガラホや学割、モバイルルルーターも | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX 2+の通信量制限が「3日間で10GB」へと大幅緩和、昼間は完全無制限に | BUZZAP!(バザップ!)

まさに爆速快適、SIMロックを解除したauスマホをUQ mobileで使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

下り最大440Mbpsルーター対決、Speed Wi-Fi Home L01とSpeed Wi-Fi NEXT W04の通信速度を比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加