JASRAC「CDの売り上げ落ちて儲けが減ったから音楽教室からも著作権料徴収するよ!」→強欲すぎて大炎上

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本音楽著作権協会の常軌を逸した強欲さが大炎上しています。詳細は以下から。

これまでも音楽ファンからはその傲慢さと強欲さを蛇蝎のごとく忌み嫌われてきた日本音楽著作権協会(JASRAC)ですが、再び大炎上しています。

CD売り上げの減少を受け、徴収額を確保するためにカラオケやスナック、フィットネスクラブのBGMからカルチャーセンターの楽器講座からも音楽演奏からも著作権料を徴収してきたJASRAC。幹部が「演奏権の対象の中で取りこぼしてきた最後の市場」と発言するなど、既に著作権保護という大目的が二の次になっていることを隠しもしません。

しかもJASRACから著作権者であるはずのアーティストへの還元が極めて不透明であることなどから、単なる金の亡者であるという批判は前世紀から続いています。

今回JASRACが定めた標的はなんと音楽教室。音楽教室では1人または数人の生徒と教師が練習や指導のために楽曲を演奏することになりますが、JASRACは生徒も不特定の「公衆」にあたるとし、この演奏にも演奏権が及ぶと強弁。著作権料を年間受講料収入の2.5%とする案を検討しています。

対象となるのはヤマハ系列の3300ヶ所の39万人、河合楽器製作所直営の4400ヶ所の10万人を始めウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9000ヶ所で、徴収額は10~20億円を想定しているとのこと。

なお、音楽教室側は「演奏権が及ばない」という法解釈をしており、業界で対応を考える連絡協議会を立ち上げるなど真っ向から戦う姿勢を見せています。両者の協議で合意ができなければ文化庁長官による裁定が行われる可能性もありますが、これまでそうしたケースは存在していません。

ネット上では既に「音楽業界を衰退させたいのか」「市場が縮小したなら規模を縮小すべき」「著作権ヤクザ」など批判が巻き起こっています。

音楽教室から著作権料徴収へ JASRAC方針、反発も:朝日新聞デジタル

だれが「音楽」を殺すのか? (NT2X)
津田 大介
翔泳社
売り上げランキング: 453,208

・関連記事
二次創作に打撃か、JASRACの新理事長が絵画やマンガ、小説など音楽以外の著作権管理への進出に意欲 | BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】定番誕生日ソング「ハッピー・バースデー」の著作権、ようやく無効に | BUZZAP!(バザップ!)

DVDリッピングソフト配布者が著作権法違反で初の検挙、ページにリンクを貼る行為もアウトに | BUZZAP!(バザップ!)

キングコング西野の絵本Web無料公開と「お金の奴隷解放宣言。」は、どこがまずいのか | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】第三者が「青空文庫」の商標登録を出願 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加