HTCのグローバル部門の責任者やプロダクトデザイナー、販売責任者が退職したことが明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加

HTCから人材の流出が続いています。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、同国のスマホメーカー・HTCのグローバルエグゼクティブバイスプレジデント(VP)、Jason Mackenzie氏が退社したそうです。

Mackenzie氏はHTCで12年間勤めた人物で、2016年1月まではHTC Americaの社長を担当。VP昇格後は既存の事業を強化しながら、新しい戦略的パートナーシップの構築を推進していました。

なお、HTCからの人材流出は今回にとどまらず、2016年後半にはフラッグシップスマホ「HTC One」シリーズの設計プロセスに携わり、VRデバイス「HTC Vive」のチーフデザイナーも務めたデザインチームのディレクター、Claude Zellweger氏も退職。

Zellweger氏は最近、GoogleのVR「Daydream」開発チームに加わったことが確認されたほか、HTC North Asiaの社長を務めていたJack Tong氏も最近辞任していたことが明らかに。Tong氏はHTC Vive事業を推進すべく、販売経路の構築などを担当していた人物です。

「適切な企業体制を敷いているため、個人の退職による業務への影響はない」と回答するHTC。しかしスマホに続く柱となるVR事業に携わる重役が去ってゆくことに、一抹の不安を感じざるを得ません。

HTC confirms departure of its top executive

・関連記事
止まらないHTCの先細り、ViveもGoogle Pixelも浮上策にならず | BUZZAP!(バザップ!)

初の赤字転落でLenovoへの身売り話まで持ち上がったHTC、いったい何が悪かったのか | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがHTCを中傷する工作、学生を雇ってネガティブキャンペーンを展開 | BUZZAP!(バザップ!)

HTCが株価10分の1・シェア2%の危機的状況に、幹部の相次ぐ退職や純損失計上も | BUZZAP!(バザップ!)

史上最強カメラの「HTC 10」が日本市場で好調、売り上げは予想以上に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加