コカコーラ、バドワイザー、Airbnbなど名だたる企業がスーパーボウルCMでトランプ大統領に「反乱」

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日行われたアメリカ合衆国のスーパーボウル、多くの世界的大企業がトランプ大統領の方針に反逆の狼煙を上げました。詳細は以下から。

イスラム圏7ヶ国からの渡航の禁止やメキシコ国境への壁の建設など、イスラム教徒やヒスパニック系移民らマイノリティへの差別的な方針を臆面もなく掲げるトランプ政権。こうした方針には各種メディアや司法を始め、メリル・ストリープやビヨンセなどのセレブリティからAppleやFacebookなどのIT企業まで、幅広い抵抗が湧き起こっています。

そして、アメリカ合衆国の一大イベントであるスーパーボウルでは、世界的な大企業が極めて高額なCM枠を用いてトランプ大統領の方針に反対し、多様性を訴えるCMを放映しました。

・コカコーラ
Coca-Cola _ It’s Beautiful – YouTube>Coca-Cola _ It’s Beautiful – YouTube

・Airbnb
Airbnb Super Bowl Commercial 2017 (We Accept) – YouTube

・Google
Google Home _ 2017 Super Bowl Commercial – YouTube

これらはいずれも多種多様な人種、民族、宗教などのバックグラウンドを持つ人々を映し出し、多様性を受け入れることを賛美したものとなっています。

・バドワイザー
Budweiser 2017 Super Bowl Commercial _ “Born The Hard Way” – YouTube

・84 Lumber(オリジナル版)
84 Lumber Super Bowl Commercial 2017 – The Full Journey – YouTube

これらはどちらも移民を扱ったもの。バドワイザーはドイツ系移民の創始者が差別されながらも苦難の中でビールを作り上げていくという、ある種古き良きアメリカンドリームを描いたもの。84 Lumberではトランプ大統領が作り上げようとする壁の建設者とメキシコからアメリカ合衆国を目指す母子を題材としています。

どのCMもメッセージとしては多様性を受け入れることを時に明確に、時に仄めかすように訴えかけてきています。しかし、トランプ大統領の支持者らからは当然のごとく不評。バドワイザーとコカコーラに関してはボイコット運動も起きています。

BUZZAP!では先日ニューヨーク地下鉄の利用者らが協力してハーケンクロイツとヘイトスピーチの落書きを消したという話題をお伝えしましたが、セレブリティから一般市民、企業までもが公然と政府の方針に反旗を翻して自らの主張を繰り広げる有様はまさしく民主主義の表れと言えます。

ニューヨーク地下鉄のハーケンクロイツとヘイト落書き、乗客らが協力して消去 | BUZZAP!(バザップ!)

民主主義とは決して選挙のみのことを指すのではなく、また多数決でのみ決まるものではありません。どの瞬間であっても自らの意思を表明し、行動していくことが何よりも大切であることをトランプ政権下のアメリカ合衆国は教えてくれています。

コカ・コーラ 500ml ペットボトル×24本
コカ・コーラ
売り上げランキング: 132

・関連記事
ニューヨーク地下鉄のハーケンクロイツとヘイト落書き、乗客らが協力して消去 | BUZZAP!(バザップ!)

トランプ勝利からたったの1日、米国内ではマイノリティへのヘイトクライムが吹き荒れる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

楽天の三木谷社長、トランプ大統領令に対抗して米から入国拒否された7ヶ国への「Viber」での国際通話無料化を宣言 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】トランプ政権、就任式における聴衆が「史上最大だった」とした捏造を「代替的な真実」と主張 | BUZZAP!(バザップ!)

トランプ大統領就任に伴い、ホワイトハウスのHPからLGBTと気候変動への言及が全消去される | BUZZAP!(バザップ!)

霊言?トランプ政権の報道官、今度は「トランプ大統領は先日キング牧師と会った」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加