あの産経新聞がやらかした「最もとんでもない誤植」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

偏見に満ちたコラムデマ・捏造全く理解できていな人間が書いた新型iPadの解説、そして「MD20120727992013郎(編集部注:小沢一郎)」という謎すぎる誤植など、なんでもありすぎて新聞としての体をなしているのかどうかすら怪しい産経新聞。

そんな同紙がやらかした「最もとんでもない誤植」とは、一体どのようなものでしょうか。詳細は以下から。

これがその誤植。同紙が2007年10月25日に報じたもので、キューバのカストロ代表のことを「スカトロ」と記載。共同通信が配信した記事本文は間違っておらず、産経新聞社が付けた見出しのみが間違えています。

【魚拓】スカトロ批判は「個人的な嫌悪」 キューバ外相非難 – MSN産経ニュース

なお、産経新聞は2015年にもオーストリアで発生した自動車の暴走事故を報じる記事に「豪州の繁華街で車暴走」という見出しを付けて配信。オーストリアとオーストラリアの区別が付いていない上に、チェック体制もまともに機能していないことを露呈させました。

さらに本日掲載された、在日中国人による「反アパホテル」デモに関する記事についても、「免費 和平遊行(ボランティアの平和行進)」という募集で集まった参加者について、『「無料旅行」とネットで募集も参会者100人弱」』と、誤訳をベースに悪意たっぷりで報道。

【魚拓】【反「アパホテル」デモ】「無料旅行」とネットで募集も参加者100人弱 予定その10倍だった 第2弾はあるのか? – 産経ニュース

21時37分現在、こっそりと「無料旅行」の部分が削除されていますが、有志によるデモについて「デモに参加すれば無料で旅行ができる」といった形での動員があったかのような報じ方をするなど、あまりのひどさにネット上では非難の声が寄せられています。

某新聞のアグレッシブな誤訳が話題に – Togetterまとめ

・関連記事
「iPad 3が第4世代LTEと呼ばれる高速通信のゲーム規格に準拠」と産経新聞が謎の報道、誤解まみれの内容に | BUZZAP!(バザップ!)

まとめサイト「産経ニュース」が謝罪文掲載、誤報であることをようやく認める | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞、編集長すら「ヘイトスピーチ」の意味を全く理解していなかった | BUZZAP!(バザップ!)

自民党が罰則制定で「偏向教育」排除へ、歓迎した産経新聞は「愛国幼稚園」絶賛でいきなり自己矛盾 | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞に「ヘイトスピーチ」の意味を理解する能力は無いことが判明、国会前デモをデマで攻撃も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加