「安倍晋三記念小学校」運営の森友学園理事長、在特会元幹部の作った「反日教組」組織に参加していた

このエントリーをはてなブックマークに追加

国有地をただ同然で取得したことで国会で紛糾し、同時に中国・韓国へのヘイトスピーチも発覚して炎上中の森友学園。理事長が差別主義団元在特会の元幹部が運営する「反日教組」組織に参加していたことが発覚しました。詳細は以下から。

先日からBUZZAP!では連日お伝えしている「安倍晋三記念小学校」の運営団体である学校法人森友学園の問題。国有地をただ同然で取得した利益供与問題はようやく国会でも取り上げられるようになりましたが、テレビ東京が同問題を報じた特集「だけ」が公式サイト上から抹消されるなど、極めてきな臭い状況になってきています。

「“愛国”学校ができるまで 名誉校長は安倍総理夫人」のニュース「だけ」がテレ東公式ページから消される | BUZZAP!(バザップ!)

◆森友学園理事長・副理事長夫婦によるヘイトスピーチ
この問題がクローズアップされると同時に発覚したのが森友学園が運営している「愛国幼稚園」こと塚本幼稚園でのヘイトスピーチ問題です。

日本会議の大阪支部長でもある森本学園の籠池泰典理事長は公式サイト上に署名文書で「日本に在住する極めて少数派の韓国・中華人民共和国等の人たち」によって「不当な誹謗・中傷記事が書かれたブログが立ち上げられ、園及び保護者に対する悪口や嘘が投稿され」たことによって「保護者間の分裂を図り、当園の教育活動を著しく害」したなどとヘイトスピーチを書き連ねています。

インターネット上での当園に対する誹謗・中傷記事について魚拓


国有地9割引ゲットの「愛国小学校」、運営母体の森友学園が在日中国・韓国人にヘイトスピーチをしていた | BUZZAP!(バザップ!)

また、妻である副園長が「韓国人と中国人は嫌いです。日本精神を継承するべきです」というヘイトスピーチを書き連ねた文書を保護者に当ててしたためていたことも判明しています。

「安倍晋三記念小学校」用に国有地をほぼ無料で取得した森友学園、ヘイトスピーチ文書配布で大阪府が行政指導を検討 | BUZZAP!(バザップ!)

◆理事長の参加する「日教組に解散を求める会」と在特会の関係
この森友学園の籠池泰典理事長が、なんと京都朝鮮第一初級学校襲撃事件で最高裁から「極めて悪質な人種差別行為」として有罪判決を受けた事でも名高い差別主義団体、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の元関西支部長を努めた増木重夫の立ち上げた「日教組に解散を求める会」に参加していたことが明らかになりました。

日教組魚拓

ここでの名前は「籠池靖憲」となっており、これまで報じてきた「籠池泰典」と表記が違いますが、同一人物。現在の公式サイトや報道では籠池泰典名義になっています。

園長あいさつ|当園について|塚本幼稚園幼児教育学園

しかし、社団法人大阪府私立幼稚園連盟のサイトや、2012年に同園を訪問した埼玉県議のブログ、動画では籠池靖憲の表記であることが確認できます。

社団法人大阪府私立幼稚園連盟【学校法人森友学園 塚本幼稚園幼児教育学園】

籠池 靖憲園長 学校法人塚本幼稚園|埼玉県議会議員 鈴木正人オフィシャルブログ「す~さんのブログ」Powered by Ameba

塚本幼稚園園児による教育勅語暗唱 埼玉県議会・刷新の会 視察編 – YouTube

なお、籠池泰典理事長はこの他にも「学校法人 森友学園 理事長 籠池康博」という名義で塚本幼稚園の公式サイトのトップページ魚拓)で「瑞穂の國記念小學院 開設募金のお願い」を行っています。複数の名前を都合よく使い分け、国から大きな便宜を図ってもらう。どこかで聞いたような話です。

「日教組に解散を求める会」の代表代行を努める増木重夫は2009年に在特会とは袂を分ちますが、この「日教組に解散を求める会」には在特会の幹部が多数名を連ねています。在特会前会長として有名な桜井誠(本名:高田誠)、在特会現会長の八木康洋の名前が見て取れます。

また、京都朝鮮第一初級学校襲撃事件の被告で有罪判決を受けた4人のひとり、荒巻靖彦が代表委員を務めており、同様に有罪の西村斉、中谷辰一郎の名前も見られます。つまり、「極めて悪質な人種差別行為」と最高裁が断罪した在特会の4人の刑事犯のうち3人までもが参加している団体ということになります。

Counter-Racist Action Collective ? 在特会・京都朝鮮学校襲撃事件、民事判決概要

なお、この増木重夫は以前山谷えり子元国家公安委員長や安倍首相とのツーショット写真が流出し、一時期大きな話題となった人物であることを改めて指摘しておきます。

安倍首相と在特会元幹部──“ツーショット事件”は偶然ではない|LITERA/リテラ

◆「日教組に解散を求める会」のトンデモ主張
では、いったい「日教組に解散を求める会」の主張とはどんなものなのでしょうか?公式サイト上に掲載されている「チラシサンプル」(魚拓)が雄弁に物語っています。以下引用します。

日教組がなした、戦後60年間の五大大罪!

① 子供に「人権」なるものを教え、子供を王様に祭り上げ、義務を伴わない権利
意識だけの、社会で使い者にならないお子ちゃまを作ってしまったこと。

② 自らが楽をするため、「平等」とうい大義名分で競争を否定し、切磋琢磨を排除。
子供らに低位安定の教育をし学力崩壊を招いたこと。特に大阪は ヒ・ド・イ

③ ジェンダーフリーなるものを発案し日本本来の道徳を排除。日本人としての常
識・良識を否定し、家庭崩壊、国家崩壊をもくろんだこと。

④ 卒業式等で国旗国歌に反対し、政治やイデオロギーを学校に持ち込み日本の伝
統文化を破壊、日本大嫌い人間を作り国際社会で恥を欠く原因を作ったたこと。

⑤ 大分県のように各教育委員会に深く浸透し、人事等、教育行政をやりたい放題、
私(わたくし)したこと。

おまけ 在日や中国に媚を売る怪しげな連中とくみ、「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」
などと、ありもしない話しをでっち上げ、「日本は悪かった」と吹聴し、
子供たちから誇りや自尊心を奪ってしまったこと。

ということで、人権や平等、ジェンダーフリーを真っ向から否定してしまっています。そして全力で国旗国歌を称揚して日本本来の文化や道徳を祭り上げます。

最も酷いのが「おまけ」の部分で、日教組が「在日や中国に媚を売る怪しげな連中」と組んだとし、従軍慰安婦と南京大虐殺を捏造と断定するデマを垂れ流しています。これはいわゆる従軍慰安婦・南京大虐殺否定論という嫌韓・嫌中のヘイトデマに日教組を無理矢理組み込んだという構図。

幼稚園児に「教育勅語」や「五箇条の御誓文」を朗唱させる森友学園の教育方針と、これまで明らかになった理事長・副理事長夫婦による中国・韓国へのヘイトスピーチを考えれば籠池泰典理事長がこうした考え方と親和性が高いことは改めて指摘するまでもありません。

◆安倍首相と日教組の因縁

覚えている方もおられると思いますが、2年前の国会質疑中に安倍首相が民主党議員に対して、何ひとつ日教組が関係していない質問であったにもかかわらず「日教組!日教組!」とヤジを飛ばして大きな問題になりました。

【動画あり】安倍首相が国会で質問中の野党議員に「日教組!日教組!」とヤジを飛ばし叱られる | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「日教組!」ヤジ問題の背景に関する自らの説明を「正確性を欠く」と訂正するもなぜか「遺憾の意」を表明 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相はその後前原元外相に対して以下のように釈明しましたが、その釈明すら完全なデマだということが後に確認されるに至りました。

なぜあの時、日教組といったかといえば、日教組は補助金をもらっていて、そして、教育会館というものがあるわけでありますが、教育会館から献金をもらっている議員が民主党にはおられて、それに対する質問をかつてかつて我が党がした時に、「これは別の団体だから関係ない」というのが、当時の民主党の政府としての大臣が答弁した見解であったわけでありますから、それをどう考えるかという指摘をしたところでございます。

安倍首相「なぜあの時、日教組と言ったかというと…」 前原元外相とヤジ第2ラウンド【答弁全文】

ということで、安倍首相、「安倍晋三記念小学校」を作ろうとしている森友学園、差別主義団体の在特会が「反日教組」というラインで繋がってしまいました。

中国・韓国へのヘイトスピーチを行う愛国幼稚園の理事長が差別主義団体のメンバーが多数入り込む「反日教組」組織に参加しており、この理事長の運営する森本学園に対してただ同然で国有地が売却されて「安倍晋三記念小学校」が作られる。なんともグロテスクな話になってきました。

◆自民党の考える「学校教育における政治的中立性」の偏向
与党自民党は2016年7月に「学校教育における政治的中立性についての実態調査」なる調査で教育の中立性を訴え、「『子供たちを戦場に送るな』と主張し中立性を逸脱した教育を行う先生」の密告を推奨していました。

【追記】自民党「『子供たちを戦場に送るな』と主張する教師は偏向しているから通報せよ」→炎上して密告用HP消去し逃亡→文面変更し復活 | BUZZAP!(バザップ!)

しかし一方では「教育勅語」や「五箇条の御誓文」を朗唱し、「安倍首相ってどんな人ですか?」と問いかけられた園児らが「日本を守ってくれる人」と答え、中国・韓国へのヘイトスピーチを理事長・副理事長夫婦が自ら行っている幼稚園に対しては何ら問題視せず、この運営団体の作ろうとする愛国小学校には極めて大きな便宜を図っていたということは、自民党の述べる「学校教育における政治的中立性」という考え方自体が極めて偏ったものであるということを意味します。

日教組の問題を指摘することも、祖国を愛することもそれ自体では問題にはなりません。しかし、これらがデマに基づいて行われ、排外主義に結びついてヘイトスピーチを撒き散らし、挙句に人権や平等、ジェンダーフリーといった近代社会の価値を踏みにじるものであれば、その部分について徹底的な批判に晒されることは避けられないでしょう。

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)
安田 浩一
文藝春秋
売り上げランキング: 86,204
「在日特権」の虚構 増補版: ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ
野間 易通
河出書房新社
売り上げランキング: 161,667

・関連記事
国有地9割引ゲットの「愛国小学校」、運営母体の森友学園が在日中国・韓国人にヘイトスピーチをしていた | BUZZAP!(バザップ!)

「安倍晋三記念小学校」用に国有地をほぼ無料で取得した森友学園、ヘイトスピーチ文書配布で大阪府が行政指導を検討 | BUZZAP!(バザップ!)

「“愛国”学校ができるまで 名誉校長は安倍総理夫人」のニュース「だけ」がテレ東公式ページから消される | BUZZAP!(バザップ!)

「安倍晋三記念小学校」が9割引どころかほぼ無料で9億円相当の国有地を取得していた事が国会質疑で判明 | BUZZAP!(バザップ!)

自民党が罰則制定で「偏向教育」排除へ、歓迎した産経新聞は「愛国幼稚園」絶賛でいきなり自己矛盾 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加