「安保法制 国会通過 良かったです!」と元気良く叫ぶ園児たち、愛国幼稚園の驚くべき映像が公開される

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日Buzzap!の記事中でも触れた、愛国幼稚園の運動会で行われた選手宣誓の様子が、映像として公開されました。詳細は以下から。

これがその映像。園児たちが元気いっぱいに何を言っているのか、よくよく聞いてみましょう。

動画を見られない人のために一部を抜粋。「大人の人たちは 日本が他の国々に負けぬよう 尖閣列島・竹島・北方領土を守り 日本を悪者として扱っている中国・韓国が心改め 歴史で嘘を教えないよう お願いいたします」という、一体何のイベントの宣誓なのか、分からなくなってくる内容の後に……


安倍首相ガンバレ 安倍首相ガンバレ 安保法制 国会通過 良かったです」と続きます。

なお、森友学園問題を追及しているジャーナリスト・菅野完氏が公開した愛国幼稚園での「宣誓」はこんな感じ。5行目からの内容が明らかに浮いていることが分かります。

宣誓
あついあつい夏がすぎて、ぼくたちわたしたちの待ちに待った、平成27年度 秋の大運動会がきました。
先生と、お友達と、一緒になって、おけいこをした、おゆうぎ、音楽、体育、かけっこなど、今日一日、頑張ります。
おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさんの前で、褒めていただけるよう、全力をつくします
大人の人たちは、日本が他の国に負けぬよう、尖閣列島・竹島・北方領土を守り、日本を悪者として扱っている、中国、韓国が、心改め、歴史で嘘を教えないよう、お願い致します。
安倍首相、ガンバレ! 安倍首相、ガンバレ!
安保法制国会通過よかったです!
僕たち、私たちも、今日一日、パワーを全開します
日本ガンバレ!えいえいおー!

子どもたちに指導者を崇拝させるだけにとどまらず、他国と軋轢が生まれていることを教えた上で、指導者が進める政策を称えさせる……そんな教育内容であることがよくわかる、愛国幼稚園の宣誓文。

どうして「愛国」を突き進めれば突き進めるほど、彼らが忌み嫌う国家が自国民に対して行っていることと変わらない、あるいはそれ以上にエキセントリックになってしまうのか、そもそも「愛国」とは何なのかを考えさせられる内容となっています。

それはそうと、幼い頃から他国への悪印象を植え付けられた子どもたちは、一体どのように育ってしまうのでしょうか……?

日本会議の研究 (扶桑社新書)
菅野 完
扶桑社 (2016-04-30)

・関連記事
痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……大手まとめサイトが森友学園問題を軒並みスルーで民進党全力叩きの怪 | BUZZAP!(バザップ!)

「そうか、あかんか」事件も厳罰に、稲田防衛大臣の「尊属殺人罪を復活すべき」という主張は一体どれだけ血も涙も無いのか | BUZZAP!(バザップ!)

YouTubeで「日本」「韓国」「中国」を検索すると、日本の病理が見えてくる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加