【追記あり】塚本幼稚園に感謝状を贈った稲田防衛大臣は同園の顧問弁護士だったことが判明、国会で虚偽答弁も

このエントリーをはてなブックマークに追加

稲田防衛相がなんとあの塚本幼稚園の顧問弁護士だった上に、国会質疑ですっとぼけた虚偽答弁をしていたことが分かりました。詳細は以下から。

南スーダンへの自衛隊派遣に絡み「事実行為としての殺傷行為はあったが、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、武力衝突という言葉を使っている」というダブルスピークをいけしゃあしゃあと行った稲田朋美防衛大臣。なんと塚本幼稚園の顧問弁護士を務めていた上に、国会質疑ではすっとぼけた虚偽答弁まで行っていました。

稲田防衛相「『戦闘行為』って言うと憲法9条に違反しちゃうから、南スーダンで起こっているのは『武力衝突』って大本営発表したよ!」 | BUZZAP!(バザップ!)

◆保守の会の松山昭彦会長による証言
この事実は保守の会会長を務める松山昭彦さんの2015年3月7日のFacebook上の「保守の会」ページへの投稿から明らかになったもの。「ちなみに国会議員になる前の稲田朋美先生は塚本幼稚園の顧問弁護士だったそうです。驚きました。^^」とのこと。直前に「塚本幼稚園の籠池園長とは今後も連絡を取り合うことにしました」とあることから、松山昭彦さんは篭池理事長からこの話を聞かされたと考えるのが妥当でしょう。なお、稲田防衛相はこの保守の会の顧問として筆頭に挙げられています。

元昭和天皇記念館参事で保守の会顧問の中曽根語良先生主催の「国家再生の集い」が靖国神社で行われました。150名ほどが全国から集まられました。
大阪の塚本幼稚園の籠池主任の教育勅語で始まり、山口県防府市長の松浦正人市長(全国市長会副会長・教育再…

松山昭彦さんの投稿 2015年3月7日

魚拓

塚本幼稚園の篭池理事長の教育勅語からはじまり、この松山昭彦さんが締めの挨拶の際に勢いで「天皇陛下万歳」まで参加者と共にやらかしてしまいながらも文中では「昭和天皇様」などという不敬極まりない表現を行うなど、稲田防衛相の件を除いても強烈な内容となっています。

◆保守の会とは何か?
保守の会は稲田防衛相に加えて西田昌司参議院議員、石川昭政衆議院議員、ヒゲの隊長こと佐藤正久参議院議員から田母神俊夫元航空幕僚長までもが顧問に名を連ねています。また、2017年2月20日の西田議員の講演会を日本会議茨城日立支部と合同で主催する(編集部注:保守の会本部は茨城県日立市の石川昭政事務所内にあります)など、日本会議とも極めて近い存在です。

保守の会講演会 平成29年2月20日(月)

松山昭彦さんの投稿 2017年1月29日

さらに保守の会公式サイトのトップページには「保守の会は「国歌」斉唱し、「海ゆかば」を奉唱し、「教育勅語」を奉読してからはじまる会です」とあり、塚本幼稚園との類似性が嫌でも目に付きます。

◆国会で塚本幼稚園との関係で虚偽答弁を行う稲田防衛相
稲田防衛相といえば、2016年10月22日に「交流等を通じて防衛基盤の育成と自衛隊員の士気高揚に貢献した」として塚本幼稚園に感謝状を贈っていたことが既に明らかになっています。その後保護者に向けてヘイト文書が配布されたことなどから感謝状取り消しを検討していることも報じられています。


稲田氏、森友学園理事長に感謝状 「取り消しを検討」:朝日新聞デジタル

しかし、稲田防衛相は2月22日の民進党の大西健介議員の国会質疑においては、篭池理事長と10年以上前に(編集部注:稲田朋美の初当選は2005年)面識があることは認めたものの、日本会議の活動の中で会ったことがある、もしくは大阪での弁護士時代に何らかの関わりがあったかも知れない程度であるとの答弁(6:10~)。

そして、以前から塚本幼稚園を知っていたかとの質問(11:08~)には「聞いたことはありますけれど、その程度でございます」と答えています。顧問弁護士を努めているのであれば虚偽答弁と言わざるを得ない内容です。

?? 大西健介(民進党) vs 稲田朋美大臣 【国会中継 衆議院 予算委員会第一分科会】平成29年2月22日 – YouTube

稲田防衛相が塚本幼稚園の顧問弁護士だったというこの驚くべき話の出所は彼女が顧問を務める保守の会という日本会議と極めて近い組織の会長の言葉。この言葉が真実であれば稲田防衛相は国会で虚偽答弁を行ったことになりますし、自らがかつて顧問弁護士を努めていた「愛国幼稚園」に感謝状を贈るという箔付けを行ったことになります。

もちろん森友学園を巡っては安倍首相と篭池理事長に面識があるかないかで安倍首相と安倍昭恵夫人・篭池理事長の話が180度食い違うなど、嘘とデマが飛び交うポスト真実のカオス状態になっています。いったい誰が嘘をつき、誰が真実を語っているのでしょうか?「アッキード事件」はさらに混沌としてきました。

【3/13 10:00追記】
一度は稲田防衛相本人によって否定された「稲田防衛相がなんとあの塚本幼稚園の顧問弁護士だった」という話ですが、塚本幼稚園の篭池理事長が自らこの話を真実であったと証言しています。

稲田防衛相は3月6日、民進党の福山哲郎議員の質問に答える形で「森友学園側の顧問弁護士だった事実はない」と答弁。この情報を拡散した保守の会の松山昭彦会長も「顧問弁護士だったのは稲田先生の旦那さんの方でした。この場を借りて訂正いたします。お騒がせしました」と謝罪と訂正を行いつつ「反日左翼の皆さん、残念でした」と悔し紛れの挑発を行っていました。

稲田朋美防衛相「森友学園側の顧問弁護士だった事実はない」 デマの主は「反日左翼の皆さん、残念でした」

“教育勅語暗唱を妨害するな”稲田朋美が森友学園のために文科省を恫喝していた! 夫が顧問弁護士だった疑惑も

しかし本日、森友学園問題を追及しているジャーナリスト・菅野完氏が篭池理事長にインタビューを実施。その中で篭池理事長は稲田防衛相と旧知の仲であったこと、国会議員前の弁護士時代、稲田防衛相が夫と共に森友学園の顧問弁護士であったことを証言しています。

【森友学園問題】籠池泰典氏 緊急独占インタビュー! あの会見で語れなかったこと _ ハーバービジネスオンライン

【HBO】籠池泰典氏緊急独占インタビューby菅野完 – YouTube

また、菅野氏は稲田朋美弁護士が森友学園の訴訟代理人を努めている書面もツイッターでアップしています。これにて稲田防衛相の国会での虚偽答弁が明らかになった形になると同時に、保守の会の松山昭彦会長の謝罪・訂正も嘘だったことが判明したことになります。

これは国会という国権の最高機関で国務大臣が平気で嘘をつくというおぞましい事態が目の前で進行していることになります。「嘘をついてはいけません」というのは教育勅語に書き込む必要もないほど当たり前の道徳のはずですが、まさか「教育勅語に明示していないから嘘をついていけないわけではない」とでも言い訳するつもりでしょうか?

日本会議の研究 (扶桑社新書)
菅野 完
扶桑社 (2016-04-30)
売り上げランキング: 75
日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)
山崎 雅弘
集英社 (2016-07-15)
売り上げランキング: 3,921

・関連記事
稲田防衛相「『戦闘行為』って言うと憲法9条に違反しちゃうから、南スーダンで起こっているのは『武力衝突』って大本営発表したよ!」 | BUZZAP!(バザップ!)

「そうか、あかんか」事件も厳罰に、稲田防衛大臣の「尊属殺人罪を復活すべき」という主張は一体どれだけ血も涙も無いのか | BUZZAP!(バザップ!)

稲田防衛相の「財源のない子ども手当をつくるなら軍事費を増やすべき」発言が炎上、本人は夫名義で「防衛関連株」を大量保有 | BUZZAP!(バザップ!)

稲田防衛相、菅官房長官が有印私文書偽造、富山市議と同様の「白紙領収書受け取り」が発覚 | BUZZAP!(バザップ!)

痛いニュース、ハム速、はちま、JIN……大手まとめサイトが森友学園問題を軒並みスルーで民進党全力叩きの怪 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加