「もしもスティーブ・ライヒがiPhoneのデフォルト着信音を手がけたら?」というミニマル・リミックス

このエントリーをはてなブックマークに追加

あのデフォルト着信音をもしもスティーブ・ライヒが手がけていたら、こんなことになっていたかもしれません。詳細は以下から。

以前BUZZAP!ではiPhoneのあのデフォルト着信音をいじり倒したリミックス曲を紹介しましたが、こちらは「もしもスティーブ・ライヒがiPhoneのデフォルト着信音を手がけたら?」というコンセプトのミニマル・ミックスです。

リミキサーはSeth Kranzlerさん。現代音楽の巨匠でありミニマル・ミュージックの創始者のひとりと讃えられるスティーブ・ライヒが1967年に発表した代表作のひとつ、「ピアノ・フェイズ」から着想を得たもの。

ライヒの初期の楽曲に多用されるフェイズ・シフティングと呼ばれる、2つの同じフレーズを同時に開始し、その片方の速度が僅かに変化することによって生じてくるフェーズのずれそのものを音楽とする技法を用いています。

Steve Reich Marimba Ringtone Phase – YouTube

iPhoneが2台並び、どちらにもスティーブ・ライヒから着信しているというヴィジュアルも含めて非常に秀逸です。また、この音楽をひたすら聴き続けたい人のためにstevereichiscalling.comというサイトが作られていますので、ライヒからの着信にひたすら聴き入ってみるのも良さそうです。

Steve Reich is Calling_ A Minimalist Ringtone for the iPhone _ Open Culture

ライヒ:六重奏曲/ピアノフェイズ/エイト・ラインズ
Reich
CPO (2007-12-12)
売り上げランキング: 11,563

・関連記事
スティーブ・ライヒ「ピアノ・フェイズ」のアニメーション動画がミニマルにしてめくるめく幻惑 | BUZZAP!(バザップ!)

【無料DL】iPhoneのデフォルト着信音を極限までいじり倒した超クールなリミックス | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにタイムリー、キューブリック監督の「博士の異常な愛情」の音楽リミックスがとてつもなくかっこいい | BUZZAP!(バザップ!)

MonolakeのRobert Henkeによる音と光のインスタレーション「Fragile Territories」 | BUZZAP!(バザップ!)

クラフトワークやセックス・ピストルズらのドローンアンビエントリミックス映像が激ヤバすぎる! | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加