新型gooスマホ「g07+」発表、お値段そのままでau回線対応や多数の強化点も

このエントリーをはてなブックマークに追加

NTTレゾナントの「gooスマホ」に新モデルが追加されました。詳細は以下から。

これが本日発表された「g07+」。5.5インチフルHD(1920×1080)IPS液晶にMediaTekのMT6750T(1.5GHz×4、1.0GHz×4)、3GB RAM/32GB ROM、3000mAhバッテリー、ソニー製1300万画素カメラなどを備えたAndroid 6.0スマホです。DSDSにも対応しています。

基本的な性能はg07とほぼ同じg07+。しかし異なる点を列挙すると、以下のようになります。

・液晶がIGZO液晶に、タッチ精度向上
・カメラにIRカットフィルター搭載でより自然な色に
・電子コンパスの精度が向上
・アルミ加工がさらに高品質に
・auの3G対応(ただしau VoLTE、プラチナバンドLTEなどは非対応)

なお、本体価格は据え置きの1万9800円。発売は本日3月27日で、4月上旬から発送される予定です。

・関連記事
【状況悪化】NTTレゾナント・gooの格安スマホ「g07」にアドウェア混入か→「利用者のせい」と公式が否定→トロイの木馬「Triada」が検出される | BUZZAP!(バザップ!)

新しいスマホで古いmicroSDカードを使い回してはいけません | BUZZAP!(バザップ!)

WQHD液晶にスナドラ820、4GB RAMの超高性能スマホ「Le Max 2」、たった2万1000円に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加