「恫喝と圧力には屈しない」辻元デマに抗議した民進党に反論の産経新聞、デマだと発覚してもなお開き直る

このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめサイト産経新聞の石橋文登政治部長が必死の反論を試みましたが非常に残念な結果に終わってしまいました。詳細は以下から。

一部ネット民が巨大掲示板などで大騒ぎしていた辻元清美議員に関する「3つの疑惑」デマをドヤ顔で拾って記事にしてしまったまとめサイト産経新聞。

既にこの辻元デマが関係者本人らによる直接の否定で完膚なきまでに否定されてしまったことはBUZZAP!でも昨日お伝えしたとおりです。

「悪魔の証明」と「辻元デマ」で安倍政権はいかに「語るに落ちた」のか | BUZZAP!(バザップ!)

結果的にこの辻元デマはあろうことか安倍首相その人が国会答弁で取り上げ、安倍政権の掘り進める墓穴をさらに深いものとする事に大きく貢献してしまうことになりました。

本来ならば謝罪と訂正を行うことすら恥ずかしいレベルの話ですが、まとめサイト産経新聞の石橋文登政治部長は厚顔無恥なことに民進党の抗議になぜか反論を始めてしまいました。問題になっている抗議文は産経新聞が全文を以下の通り掲載しています。

【森友問題】辻元清美氏「3つの疑惑」報道で民進党が産経新聞に抗議文 「流言飛語を疑惑扱い」「首相夫人とは事柄の本質異なる」 – 産経ニュース

「ネット上に流布している流言飛語をあたかも根拠ある疑惑であるかのように報道した」「裏取り取材をすれば、容易に事実でない事が判明するものである」という抗議文の記述に反論していますが、では実際にどうだったのかといえば、この記事内容は完全にデマだったわけです。石橋文登政治部長は「幼稚園侵入疑惑」に関してこう息巻きます。

まず「幼稚園侵入」疑惑に関し、辻元氏は「入ろうとした事実もございません」と回答したが、2月21日の大阪府庁の記者会見で「塚本幼稚園に行ってまいりました」と明言しているではないか。

この件は昨日報じたとおり菅野完氏が籠池夫人に直接電話インタビューを行い「私は(侵入を)見てません。娘がそう言ったので。(そう思ったから書いた?)はい。事実を確認したわけじゃありません。(何のエビデンスもないと?)はい」という証言を得ています。

メールを書いた籠池夫人がこのように証言しており、「幼稚園侵入疑惑」が本人によってデマであると確認された後にこのような無理筋の強弁を行えるとは、恥の上塗りという言葉を知らないのでしょうか?次に「作業員派遣疑惑」に付いては以下のように強弁します。

「作業員派遣」疑惑に関しても、学園の籠池諄子氏が安倍昭恵首相夫人とのメールで何度も指摘しているだけでなく、生コン業界から政治献金を受け取っている。

こちらに関しては荻上チキ氏が「工作員」とされた作業員からも証言を取り、疑惑が全くの嘘であることを証言しています。それによるとそもそもこの作業員は生コン業界とは関係なく、辻元議員が生コン業界から政治献金を受け取っていることも本件に何ら関係ないのは明らか。

【森友学園問題】「まったく面識もない」?辻元清美議員に関する“疑惑”報道で「工作員」とされた作業員が証言【音声配信&書き起こし】TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」_TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

そして笑えることに石橋文登政治部長は「個々の案件でこれ以上反論しても仕方あるまい」と早々に諦めてしまいます。デマ確定なのだから当然の話ですが、なぜか「もっとも問題なのは、民進党の隠蔽体質であり、恫喝体質である」などとぶち上げてみせるのです。「自民党」のタイポなのか、それとも産経新聞なりのジョークなのでしょうか?

結局のところ石橋文登政治部長は辻元議員に関する「3つの疑惑」がデマではないことを示すことに失敗している挙句、被害者面で民進党の「隠蔽体質」「恫喝体質」を批判しており、そこにデマ拡散への謝罪や訂正の姿勢はみじんもありません。

これでは民進党の抗議文にあるように「流言飛語」「著しく公正を欠いた報道」「報道取材の基本を欠いた記事」であると「罵倒」されても致し方ないところ。十分に取材をして「3つの疑惑」が記事にするべきだと考えたのであれば堂々と根拠を述べればいいだけの話です。

もちろん本件に関しては関係者ら本人が否定している以上、はしごから落ちる以外の選択肢はなかったのですが、往生際悪く喚き散らす辺り、やはり産経新聞はまとめサイトと同レベルのクオリティという評価に甘んじるしかなさそうです。

【森友学園問題】民進党の抗議に反論する-恫喝と圧力には屈しない 政治部長 石橋文登 – 産経ニュース(魚拓12

なお、まとめサイト産経新聞はこの記事を自民党の三原じゅん子議員が「恫喝と圧力、、、、」とコメントを付けてツイッターでつぶやいたことをさらに記事化していますが、そんなに嬉しかったのでしょうか?

【森友学園問題】三原じゅん子参院議員が「恫喝と圧力、、、、」とつぶやき 民進党の抗議に対する産経新聞政治部長の反論を紹介 – 産経ニュース

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 4,265

・関連記事
「悪魔の証明」と「辻元デマ」で安倍政権はいかに「語るに落ちた」のか | BUZZAP!(バザップ!)

米極右勢力に幸福の科学が関与、産経新聞との繋がりも | BUZZAP!(バザップ!)

あの産経新聞がやらかした「最もとんでもない誤植」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】産経新聞社の保守系オピニオン雑誌「別冊 正論」最新号の特集が「霊性・霊界ガイド」と完全にスピる | BUZZAP!(バザップ!)

あまりに醜悪、産経新聞がさっそく天皇陛下の「お気持ち」を改憲論議に政治利用 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】産経新聞が新都知事に関する街頭インタビューでのネットデマを裏も取らず記事化→炎上して記事消し逃亡 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】産経新聞、総理大臣が「この国の最高責任者」だと勘違いしていたことが判明 | BUZZAP!(バザップ!)

デマも捏造もなんでもあり、産経新聞のSEALDsネガキャンがあまりにもひどい | BUZZAP!(バザップ!)

産経新聞に「ヘイトスピーチ」の意味を理解する能力は無いことが判明、国会前デモをデマで攻撃も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加