「GoogleがLGの有機ELに1兆ウォン投資」報道でシャープの株価が暴落

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleがLGに対し、スマホやタブレット向け有機ELディスプレイで巨額投資を行うことが明らかになりました。詳細は以下から。

韓国メディア「ETnews」が4月7日に行った報道によると、自社ブランドスマホ「Pixel」シリーズの新機種に採用するフレキシブル有機ELディスプレイのために、GoogleがLGディスプレイに1兆ウォン(約964億円)規模の設備投資を行う意向を表明したそうです。

これは複数の業界関係者が明かしたもので、LGにとっては数兆ウォン規模になる莫大な設備投資の負担を減らすことができるメリットがあるとのこと。

GoogleはAppleと異なり、具体的な技術仕様を要求するなど製造ラインを自社製品専用に設計させるつもりは無いものの、有機ELパネルを安定して供給させるべく、優先順位を設定する方針。

背景にはGoogleが昨年発売した初代「Pixel」2機種が、好評とは裏腹にパネルの供給不足で品薄が続き、出荷台数が伸び悩んだことが挙げられています。

なお、LGディスプレイはE5、E6と呼ばれる製造ライン建造を進めており、1兆5000億ウォンを投資したE5は当初の計画よりやや遅れた2017年第3四半期、1兆9990億ウォンを投資したE6は2018年稼動を目標にしています。

このようにLGディスプレイにとって渡りに船といった感のあるGoogleからの投資。一方で有機ELパネルで出遅れているシャープの株価が、年初来高値となる504円を記録した4月3日から、わずか1週間で365円にまで下落しています。

・関連記事
「有機EL版Xperia」発売は困難か、AppleやSamsungがスマホ向け有機ELを独占へ | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungやLG、有機EL(OLED)ディスプレイに必要な有機材料を自社生産へ | BUZZAP!(バザップ!)

ついにスマホ向け有機ELと液晶の製造コストが逆転 | BUZZAP!(バザップ!)

ASUSが「有機EL搭載のフルスペックZenfone」開発か、Huaweiなどに対抗へ | BUZZAP!(バザップ!)

投資規模は1社で数千億円、中国メーカー各社が有機ELの生産能力を拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

新聞紙のように丸められる大画面の有機ELディスプレイをLGが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加