シャープが2017年夏モデルスマホ「AQUOS R」発表、ようやくブランドを統一

このエントリーをはてなブックマークに追加

AQUOS ZETA、SERIE、Xx……と携帯各社で異なっていたシャープのフラッグシップモデルが、2017年夏モデル「AQUOS R」発売に合わせてようやく統一されることになりました。

新たなブランディングで発表されたAQUOS Rは、なかなかの高性能っぷりです。詳細は以下から。

これが2017年夏発売予定のAQUOS R。「HDR10」対応で120Hz表示もできる約5.3インチWQHD(2560×1440)ハイスピードIGZOにSnapdragon 835、4GB RAM/64GB ROM(UFS)、3160mAhバッテリーを備えたAndroid 7.1スマホです。

背面にはF値1.9、22mm相当の広角レンズに光学式/電子式(動画のみ)手ブレ補正を備えた2260万画素カメラを搭載。インカメラも電子式手ブレ補正対応でF値2.0、画角90°の約1630万画素と、かなりのフルスペックっぷりです。

また、IEEE 11a/b/g/n/ac MIMO対応無線LAN、Bluetooth 5.0、FeliCa/NFCなどをサポートしたほか、コネクタタイプもmicroUSBからUSB Type-C(USB 3.0)へと刷新。IPX5・IPX8/IP6Xの防水・防塵スマホとなっています。

AQUOS Rスペシャルサイト|AQUOS:シャープ

・関連記事
シャープが鴻海生産の格安スマホを国内発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

完全現場主導で開発、シャープの新機軸となる無料の携帯電話充電器「ソーラー充電スタンド」 | BUZZAP!(バザップ!)

確かに「目の付けどころがシャープでしょ」と言いたくなる、歴史に残る製品たち | BUZZAP!(バザップ!)

なんと1000ppi以上、iPhone 7の3倍以上の超高精細ディスプレイをシャープが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加