【注意】PHSを持ち込むだけで犯罪者として投獄される国があります

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月に新規受付を終了することが本日ついに告知されたPHS。停波はまだ先のことになると思われますが、世界には「PHS端末を持ち込むだけで犯罪」という国があるので注意が必要です。詳細は以下から。

香港の通信行政を管理する「通信事務管理局事務室(OFCA)」公式ページによると、1997年に香港に導入されたPHSは、2013年4月に通信事業者に対する免許の新規交付が終了したそうです。

これはPHSの周波数帯(1895~1906.1MHz)で、より効率の良い通信技術を利用できるようにするためのもので、移行のために2016年5月9日までの3年間が猶予期間として設けられたとのこと。

そして2016年5月10日以降、香港でPHS端末を所有したり使用した場合、最高5万香港ドル(約71万円)の罰金および2年間の拘留が科せられるという注意喚起が行われています。

「ついカバンに入れたまま入国してしまった」といったケースも起きかねないだけに、香港へ渡航する際は注意した方が良さそうです。

Office of the Communications Authority – Press Releases

・関連記事
ついにワイモバイルがPHSの新規契約や機種変更を受付終了へ | BUZZAP!(バザップ!)

初の国産スマホ「W-ZERO3」の未使用品が一挙放出へ | BUZZAP!(バザップ!)

進むPHSのサポート終了、京セラが17機種でバージョンアップを打ち切りへ | BUZZAP!(バザップ!)

PHS実質終了で京セラが福島棚倉工場閉鎖、携帯電話の製造拠点集約へ | BUZZAP!(バザップ!)

PHSが実質的に完全終了、新機種投入も2年間無し | BUZZAP!(バザップ!)

イエデンワやストラップフォン、Heartなどの変態PHS端末を手がける「ABiT(エイビット)」の実績を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

台湾唯一のPHS事業者が破産、4G互換の次世代PHS「XGP」への移行ならず | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加