淫夢ネタに釣られて差別発言を拡散した「日本のこころ」候補、鈴木まりこが手のひらを返し自由党から出馬へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「淫夢新聞社オフィシャル」なるデマサイトのヘイトデマを拡散した元日本のこころをたいせつにする党候補の鈴木まりこが完全に手のひらを返して自由党から出馬することが明らかになりました。詳細は以下から。

◆元日本のこころ候補、ヘイトデマを拡散
参議院議員選挙で東京都選挙区から立候補し、落選した日本のこころをたいせつにする党の鈴木まりこ候補。その後「淫夢新聞社オフィシャル」なる虚偽サイトの「日本人客に糞尿を食べさせる…韓国のレストラン従業員逮捕」という極めて下劣な韓国人へのヘイトデマ記事に対し

「事務所スタッフが国内でも常に注意している事が本当にあったなんて…事実で無いことを祈りたい…でも、事実なんでしょうね…」


魚拓

とコメントしながらツイッターで拡散。最低限のネットリテラシーすら持ち合わせていない情弱の差別主義者として、そして日本のこころを大切にする党のジリ貧さを象徴する惨めな事件として記憶されていました。

◆手のひらを返して自由党から出馬?
鈴木まりこは後に日本のこころを大切にする党からも既に離党したと突き放されていましたが、この度小沢一郎・山本太郎を代表とする自由党から次期衆院選に出馬する可能性が極めて高くなっていることが話題になっています。

証拠となるのが本人のツイッターアカウントの画像付きのツイート。「衆議院選挙区支部長予定地で活動開始」として挨拶まわりを行っていることが報告されています。

自由党の選挙カーには「京都第5区総支部」とあり、鈴木まりこは「弁士 自由党京都第5区総支部長」となっています。もちろん衆院選が決まっていない現時点ではあくまで可能性の段階ですが、自由党の京都第5区総支部長になっている事は間違いありません。

なお、京都第五区は趣味のサイクリング中に転倒し、頸髄損傷で現在も療養中の自民党の谷垣禎一元幹事長の選挙区でもあり、刺客として擁立された可能性もあります。

鈴木まりこが思想的には真逆と言って過言ではない野党4党の一角を担う自由党に所属する時点で無節操の極みであることは敢えて指摘するまでもありませんが、昨年日本のこころから出馬し、韓国へのヘイトデマを拡散した鈴木まりこを受け入れる自由党も自由党です。

わずか数ヶ月で真逆の立場に身を置いたこの人物を簡単に信用し、しかもヘイトデマ拡散の過去まで容認してしまったということになりますが、本当に国民の信頼を得て支持を広げようという気があるのでしょうか?

◆ヘイトデマ拡散を「代替的な真実」で塗り固める

鈴木まりこの問題はこれだけに留まりません。昨年12月の段階で、ヘイトデマ拡散について、「事実はどうであれ淫夢新聞を放置出来なかったのであの記事をリツィートさせていただきましたが、皆様の反響のお陰で淫夢新聞社のサイトの閉鎖を確認できました」などと発言。

あたかも自分が狙って「淫夢新聞」を炎上させて閉鎖に追い込んだ功労者であるかのように吹聴しています。

繰り返しの貼り付けになりますが、鈴木まりこの当該ツイートはこれ。完全に釣られているだけの情弱に過ぎません。

「事務所スタッフが国内でも常に注意している事が本当にあったなんて…事実で無いことを祈りたい…でも、事実なんでしょうね…」


魚拓

「真実を追い求める事もしないで差別することは誰に対してであっても許してはいけません。このような事は細部にまで氣を配る事が必要である事は承知しておりますがその点を省いた今回の件、非常に不愉快に思われた方々に深くお詫び申し上げます」と言っていますが、明確なヘイトデマであり、気を配ることを省いたわけでもなく、不愉快に思った方に詫びて済む話でもありません。

しかも鈴木まりこは「私は都立国際高校OBで在日韓国人の友人が沢山おりました」などと差別主義者の常套論法「I have black friends」まで使って自分のヘイトデマ拡散を正当化して見せようとします。

自分の差別を正当化したい人が使う典型的な論法「I have black friends」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

これは典型的なポスト真実世代の論法に見られる「代替的な真実」でしかありません。デマにデマを重ねて自分を糊塗する人物を自党の候補者として立てることがどのようなデメリットをもたらすのか、自由党はしっかりと考えなければ支持を失うことは間違いないでしょう。

鈴木まりこは自身のツイッターFacebookページの冒頭に「何度でもやり直せる社会の実現!」と謳っていますが、自身のヘイトデマ拡散をなかったことにしてやり直したいという意味なのでしょうか?そうは問屋が卸さないことをよく理解した方がよさそうです。

日本型ヘイトスピーチとは何か: 社会を破壊するレイシズムの登場
梁 英聖
影書房
売り上げランキング: 6,140

・関連記事
自分の差別を正当化したい人が使う典型的な論法「I have black friends」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

【随時追加】著名人がネット上に垂れ流したデマまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

ネットの根も葉もないデマは拡散しやすく訂正されにくいことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「236シーベルト浴びても健康上有益」田母神俊雄氏、人類史上稀に見る放射線耐性を獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

今度は自民党衆議院議員がネットのデマを鵜呑みに蓮舫議員にヘイトスピーチして謝罪…なんとあの議員でした | BUZZAP!(バザップ!)

菅元首相への原発への海水注入中断デマ拡散の名誉毀損裁判で安倍首相が勝訴 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加