Surface Proより高性能でお値段3分の1、お絵描きもできる格安タブレット「Cube Mix Plus」実機レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

マイクロソフトのSurface Pro 4をベースに、最新世代のプロセッサを搭載して価格は半額以下。そんなコストパフォーマンスのいい高性能タブレット「Cube Mix Plus」の実機レビューをお届けします。詳細は以下から。

今回解説するWindows 10タブレット「Cube Mix Plus」の外箱。

Cube Mix Plus本体に加えて、ACアダプタ、USB 3.0ケーブルなどが同梱されています。

10.6インチフルHD(1920×1080)IPS液晶、Kabylake世代のIntel Core m3-7Y30(デュアルコア、最大2.6GHz駆動)、4GB RAM、128GB SSDを搭載したCube Mix Plus。分かりやすく説明すると、現行の「Surface Pro 4」Core m3モデルのプロセッサを最新世代のものへとバージョンアップさせたモデルです。

背面には500万画素カメラを搭載。バッテリー容量は4300mAhです。

背面カメラで撮影を試してみたところ。フルHD(1920×1080、30fps)動画を撮ることもできます。

実際に撮影した写真はこんな感じ。タブレットのカメラとして考えれば十分な写りです。

本体上部に電源ボタンおよび音量ボタン、下部には別売りのキーボードカバーとの接続端子があります。

右側面にはスピーカーを備え、左側面には電源端子、USB 3.0端子、HDMI出力を兼ねたUSB Type-C端子、microSDカードスロット、ヘッドホン端子といった各種インターフェースを集中させてあります。


付属のUSB 3.0ケーブルを利用すれば、USBメモリはもちろん、モバイルルーターやスマホなど、さまざまな機器を接続できるため、拡張性は十分。2.4GHzおよび5GHzのWi-Fi、Bluetoothなども備えています。技適マークの問題もUSBドングルタイプのWi-Fi子機などで回避可能です。


もちろん日本語でも使えます。


実際に触ってみたところはこんな感じ。Atomプロセッサを備えた格安タブレットなどとは段違いの、かなり余裕のあるレスポンス。Intel Core m3-7Y30はダテじゃありません。

スピーカーの音量も十分。エンタメ用途でも十分活躍してくれます。

さらに別売りのペンを使えば、1024段階の筆圧を検知できるワコムのデジタイザを使ったお絵描きを楽しむことも。出先でもイラストや同人誌の原稿をしたためることができるため、空き時間を有効活用できます。


なお、以下の通販サイト「Bandgood.com」によると、Cube Mix Plusの本体価格は4万4834円。サイトに登録後、クーポンコード「7d62a7」を打ち込めば3万5722円にまで割り引かれるため、1つ前の世代のCPUを採用した現行の「Surface Pro 4 Core m3モデル(10万3464円)」の3分の1ほどの値段です。

キーボードを組み合わせればノートパソコンとしても利用でき、ペンでお絵描きも楽しめる格安タブレット「Cube Mix Plus」。次の記事では格安タブレットやエントリーモデルのノートパソコンでは難しい、MMORPGのベンチマークテストをお届けします。

オリジナルボックス Cube Mix Plus 128GB インテル Kaby Lake 7Y30 デュアルコア 10.6インチ Windows 10 タブレットPC セール – バングッド

・関連記事
Surface Proより高性能でお値段3分の1の「Cube Mix Plus」はどれだけすごいのか、FF14やドラクエ10のベンチマークを計測してみた | BUZZAP!(バザップ!)

まさに超格安スマホ、光学3倍ズームカメラ搭載「Zenfone Zoom」の最上位128GBモデルが7万円半ばから2万円に値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

世界最速スマホ「Xiaomi Mi6」128GBモデルがいきなり大幅値下がり、ただし台数超限定 | BUZZAP!(バザップ!)

nova liteより安くてデュアルカメラが付いた「Huawei honor 6X」レビュー、格安スマホとは思えない充実度に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加