画面が割れない超絶タフネススマホ「TORQUE G03」速攻レビュー、各種性能大幅強化でデュアルカメラ搭載も

このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIが2017年夏モデルとしてタフネススマホ最新モデル「TORQUE G03」を発表したのでレビューをお届けします。

タフネスさがより強化されただけでなく、スマホとしての基本性能が大幅に底上げされ、デュアルカメラで面白みのある映像を撮れるなど、かなりの作り込みっぷりとなっています。詳細は以下から。

これが「TORQUE G03」本体。高い強度を誇るガラス「Dragontrail X」にキズに強いアクリルシートを組み合わせた「ハイブリッドシールド構造」を採用することで、とにかく画面が割れにくくなった4.6インチHD(1280×720)液晶を備えています。

本体四隅にバンパーを採用し、本体に滑りにくいテクスチャー加工を施したことで、さらにボディのグリップ感が向上。背面カバーを金属ネジでロックし、落下時のカバー外れを防ぐなどした結果、高さ1.8メートルから落としても大丈夫になりました。









今までSnapdragon 400、2GB RAM/16GB ROMと、性能面では今ひとつだったTORQUEシリーズですが、今回からSnapdragon 625、3GB RAM、32GB ROM搭載に大幅にスペックアップ。スマホとしての基本性能が向上した分、よりさまざまなことができるようになります。

動作もかなりキビキビしています。

さらに背面には1300万画素カメラに加えて、広角135度の「スーパーワイドアクションカメラ」を搭載。レンズ切り替え式で、速度や経過時間、距離、高度、重力、加速度、日時、ルートを記録する「アクションオーバーレイ」によって、本格的なアクション映像を楽しめます。

OUTDOOR PORTALもさらに進化。日の出日の入り、セーラーログ、フィッシュログ、雪の情報までカバー。春夏秋冬、海、山問わず活躍できます。

カラーバリエーションはグリーン、ブラック、ブルーの3色。レッドがラインナップされない代わりに、TORQUE G02よりも落ち着いた、ソリッドな青がラインナップされました。また、アウトドアブランドコラボの「ヘリーハンセンホワイト」も300台提供予定。かなりツボを押さえたデザインとなっています。






◆TORQUE G03
ディスプレイ:4.6インチHD(1280×720)液晶
プロセッサ:Snapdragon 625
RAM/ROM:3GB /32GB
メインカメラ:1300万画素+135度ワイドカメラ200万画素
前面カメラ:約500万画素
バッテリー容量:2940mAh
おサイフケータイ:NFC、Felica
ワンセグ、フルセグ:なし
Bluetooth:4.2
対応ネットワーク:下り最大225Mbps、上り最大37.5Mbps

・関連記事
【まとめ】auが2017年夏モデル発表、ハイエンドからタフネススマホ、かんたんケータイまで幅広い展開に | BUZZAP!(バザップ!)

auが格安スマホに対抗、通話定額+5GBを月額3000円台で使える「スマホはじめる割」を提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileが禁じ手発動、auやau系MVNOからのMNPでも割引対象に | BUZZAP!(バザップ!)

auが「交換用携帯電話機お届けサービス」拡充、壊れたスマホの交換機を当日に受け取りやすく | BUZZAP!(バザップ!)

auが下り最大590Mbpsの通信サービスを明日から提供、2017年夏モデルスマホも対応か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加