ソニーがスマホカメラ向けCMOSの供給先に優先順位、Appleや中国メーカー以外は調達困難に

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホカメラ向けCMOSイメージセンサー世界最大手のソニーが、供給先を絞りつつあることが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ソニーは現在、Appleおよび中国のスマホメーカートップ3(Huawei、Oppo、Vivo)に対し、優先的にCMOSセンサーを供給しているそうです。

これは主に中国勢のスマホ出荷台数が膨れ上がり続けているのに対し、ソニーの供給能力が追いつかないことを受けたもの。

これによりASUSやHTCといった台湾勢はソニーからCMOSセンサーの供給を受けられず、OmniVisionやSamsungに頼らざるを得なくなったとされています。

なお、OmniVisionのCMOSセンサーがエントリーモデル~ミドルレンジスマホ向けなのに対し、ソニーはミドルレンジ~ハイエンドスマホ向けの展開。Samsungは主に自社スマホに向けて製造しています。

・関連記事
au限定カラーもある「AQUOS R」レビュー、初心者でも失敗しない高性能カメラが強みに | BUZZAP!(バザップ!)

世界最高画質のカメラ搭載「HTC U11 HTV33」速攻レビュー、充実の撮影機能と防水対応で死角無しの1台に | BUZZAP!(バザップ!)

世界最速のデュアルカメラスマホ「Xiaomi Mi6」速攻レビュー、高級感・レスポンス共に満足できる最強の一台に | BUZZAP!(バザップ!)

nova liteより安くてデュアルカメラが付いた「Huawei honor 6X」レビュー、格安スマホとは思えない充実度に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】リコーがカメラ事業縮小へ、GRやペンタックスブランド消滅か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加