ファミマが「Tポイント」に替わる独自ポイントカード導入へ、「ファミマ銀行」も誕生?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファミマがTポイントから撤退することになりそうです。詳細は以下から。

ユニー・ファミリーマートホールディングス株を約37%保有する筆頭株主である伊藤忠商事の岡藤正広社長は5日、独自の新ポイントカードの導入や金融事業への参入を検討していることを明らかにしました。

早ければ今年度内にも具体的な事業内容を固め、1年程度で事業家の目処を付ける構想です。

独自のポイントカードといえばセブン&アイ・ホールディングスの展開するセブンイレブンは先駆けて「nanaco(ナナコ)」を展開、関連店舗でのポイント付与や決済業務を行っています。この独自のポイントカードによって利益を流出させず、自らに還元させてゆくことが可能となっています。

同様にセブン&アイ・ホールディングスの子会社のセブン銀行も2017年3月期には手数料収入等で251億円の純利益を計上しています。

ファミリーマートはこれまでTSUTAYA系の「Tポイント」を採用、ATMもイーネットやゆうちょ銀行のものを設置しており、岡藤社長の言葉を借りれば「ATMもポイントも(利益の)流出がすごい」事になっています。

ファミリーマートといえば2016年9月にサークルKサンクスと経営統合を行い、サークルKとサンクスで使われていた「Rポイント(楽天スーパーポイント)」から「Tポイント」への切り替えが行われたばかり。

ファミマとサークルKサンクス、統合後Tポイントに統一:朝日新聞デジタル

それから1年も経たないうちに独自ポイントカードへの移行が示されるなど、元々サークルKやサンクスを主に使っていた顧客にとってはなかなか慌ただしいことになりそうです。

伊藤忠、ファミマで使える新ポイント制度検討 社長言及:朝日新聞デジタル

成功するポイントサービス
岡田祐子
WAVE出版
売り上げランキング: 106,102

・関連記事
ファミマとサークルKサンクスが本格的な統合交渉へ、セブンイレブンと並ぶ店舗数に | BUZZAP!(バザップ!)

auの「交換用携帯電話機お届けサービス」が大幅進化、全国2万5000以上のコンビニやヤマトの営業所が受け取り先に | BUZZAP!(バザップ!)

佐川急便に続きヤマト運輸も週休3日制の導入を検討 | BUZZAP!(バザップ!)

72%が長時間労働で恋愛に支障、出生率低下の原因がもうひとつ判明 | BUZZAP!(バザップ!)

35~59歳の「中年ニート」が15~34歳のニートの2.2倍、123万人にも達していた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加