スマホ大手が満を持して発売したパソコン「Xiaomi Air」や「Huawei Matebook」不振、新モデルに影響も

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、XiaomiやHuaweiがコストパフォーマンスやデザインにこだわったパソコンを相次いでリリースしましたが、思いのほか苦戦していることが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、世界的なPC需要が5年連続で減少する中、スマホ市場で火花を散らすSamsungやHuawei、Xiaomiがノートパソコン市場に力を入れているそうです。

しかし部品メーカー関係者によると、スマホ市場でのブランド認知や販売実績、中国市場での優位性から順風満帆な売れ行きを見込まれていたXiaomiおよびHuaweiのモデルが思うように売れていないとのこと。

性能やデザインなどでMacBookを強く意識した「Xiaomi Mi Air Notebook」2機種を発売したXiaomiですが、販売目標200万台に対して販売実績はわずか50万台未満。製造はWistronとInventecが担当しています。

2in1タブレットとして発売されたHuaweiの「Matebook」シリーズも、当初の販売目標である100万台を下回る70万台しか売れておらず、そのほとんどは中国で売れたもの。なお、製造はFoxconnが担当していました。

なお、HuaweiおよびXiaomiは第2世代となる製品の発売を予定しているものの、販売実績を反映して生産台数を大きく引き下げる方針。同じ中国メーカー、Lenovoに対して存在感を発揮することは当面難しい情勢となっています。

・関連記事
Core i5/8GB RAM/256GB SSD搭載で8万円、XiaomiのMacBook対抗「Mi Notebook Air 13」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

6GB RAMにデュアルカメラ搭載で2万円、えげつないほど安いベゼルレススマホ「DOOGEE Mix」発売 | BUZZAP!(バザップ!)

MacBook Air対抗の格安ノート「Xiaomi Mi Notebook Air 13」に最上位版Ultimate Editionが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加