ドンキが国内最安の50インチ4Kテレビを発売へ、まさかの東芝製メインボード採用

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドン・キホーテが国内最安の4Kテレビを発売します。詳細は以下から。

これが6月15日からドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格 PLUS」で発売される「50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」。価格は50インチモデルとしてはぶっちぎりの最安値となる54800円(税別)です。

これだけでは「ただ安い4Kテレビ」ですが、驚くべきなのが地上デジタル放送×2、BS・110度CSデジタル放送×2のチューナーを搭載したことで、USB外付けHDDへの裏番組録画にも対応したこと。

さらに東芝映像ソリューションが開発したメインボードを採用したことで、ゲーム機などを接続した場合に高画質処理を行いつつ、外部入力信号が画面に反映されるまでの遅延時間を短縮する設定に自動的に切り替わる、いわゆる「ゲームモード」を利用できます。

また、ホームシアター接続用のARC対応のHDMI端子(HDMI端子は計3つ)も備えたほか、光デジタル出力端子などもサポートしています。

・関連記事
AmazonがFire TV内蔵の格安4Kテレビ発売、音声操作可能でわずか449ドル | BUZZAP!(バザップ!)

4K有機ELテレビが半年で半額まで値下がり、一気に普及価格帯に | BUZZAP!(バザップ!)

スマホでも大画面で動画を見れるレトロなブラウン管テレビ型ガジェット | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加