EX-ICカード不要、新幹線を手持ちのSuicaやPiTaPaでネット予約できる「スマートEX」提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by Wikipedia

ようやく新幹線を気軽にネット予約できるようになることが分かりました。詳細は以下から。

ネットで何でも手軽に予約できる現代日本において、意外にも事前のネット予約が難しかったのが新幹線。

これまではEX-ICカードを用いた会員制予約サービスしか存在せず、年会費1080円の専用クレジットカードを作る必要がある上に、作ったカードが届くまでに数週間のブランクがあるため、観光などでたまにしか乗らない人にとっては割高感もあり、使いにくいものでした。

この度JR東海とJR西日本は東海道・山陽新幹線の座席をインターネットで予約し、Suica、ICOCA、PiTaPaなどの手持ちの交通系ICカードで乗車できる新サービスを今年9月末に開始することが分かりました。

新サービスの名称は「スマートEX」。専用サイトで自分のクレジットカードと現在手持ちのICカードを登録し、専用サイトなどで座席を予約すれば自動改札機でICカードをかざして乗車することができます。

運賃は運賃は駅で買うのと同等の予定で、クレジットカードに請求されます。座席は指定席・自由席とも予約可能で、予約変更も何度でもできることになります。

使用できる交通系ICカードはKitaca、PASMO、Suica、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、はやかけん、nimoca、SUGOCAの10種類。

今後の新幹線の使い勝手が大きく変わりそうですし、あらかじめの予約が可能となることでピークシーズンの混雑緩和にも期待できそうです。

ネット予約しSuicaで新幹線 今秋から東海道・山陽:朝日新聞デジタル

(Photo by Wikipedia

・関連記事
JR四国を「新幹線のようなもの」が走ることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

瀬戸大橋や山陽新幹線でも通信可能、格安SIM「mineo」を支える人口カバー率99%のau 4G LTEはダテじゃなかった | BUZZAP!(バザップ!)

座れる電車を探せる世界初の「電車混雑回避ルート」、auナビウォークとNAVITIMEで提供開始 | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにもセコい、京都府知事が北陸新幹線小浜ルート決定で「便益少ない」と負担軽減を要求 | BUZZAP!(バザップ!)

京都の叡山電車で全国の交通系ICカードの導入日、3月16日に決定 | BUZZAP!(バザップ!)

京都市バスでついに全国のICカードが利用可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加