【追記あり】文科省、再調査で民進党提示の文書のうち14/19の存在を確認、「萩生田副官房長官による京産大排除の修正指示」も

このエントリーをはてなブックマークに追加

1度は確認できないとした文書が発見され、文科相が陳謝に追い込まれました。内容を整理してみましょう。

5月19日に「該当する文書の存在は確認できなかった」とし、松野文科相が「調査は尽くしたと考えている」と幕引きを計った文書の存在が確認されました。

これは6月9日に安倍首相の「徹底的に調査をするよう指示した」との掛け声の下で行われた文科省での「総理の意向」文書の再調査によるもので、6月15日の午後に文科省は「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」との記述がある文書が存在したという再調査の結果を公表しました。

◆確認できなかったはずの文書のうち14/19が確認される

確認が行われたのは国会で追及された「総理のご意向」などと書かれたA4判8枚と2016年9月26日付の「内閣府審議官との打合せ概要」とされる文書。A4判8枚のうち「総理のご意向」など6枚については同様の文書が見つかっています。その中の一部についてはで民進党などが公表した文書と様式などが異なっていたとのこと。

結果的には民進党などから提示された19の文書のうち14の文書が文部科学省内の共有フォルダや職員の個人フォルダなどに存在していたことが明らかにされています。一方で、2つの文書は確認できず、残りの3つの文書については、法人の利益に関わっており、慎重な対応が必要なことから現時点では村費を含めて明らかにできないとの回答です。

なお、文書にある「官邸の最高レベルが言っている」との事実の有無について松野文科相は

「ヒアリングを行った結果、内閣府の職員から、この種の発言があったと文部科学省の職員は考えている。メモが作成された以上は、その場において、そういった発言があったのだろう。具体的な話があったわけではないので、真意についてはわからないという結果を得ている」

としており、内閣府の職員の発言があったことは認めつつも、真意は分からないとのヒアリング結果を提示するにとどめました。今回の再調査の結果を受け、山本幸三地方創生担当相は、内閣府も再調査して、16日午前に結果を公表する考えを示しています。

◆萩生田副官房長官による修正指示の記述も
なお特筆すべき内容としては、この中で内閣府から文科省の担当者に送信された2016年11月1日付の電子メールと、メールに添付された文書が公開され、そこでは獣医学部新設を国家戦略特区で加計学園に絞り込むための条件として、「広域的に」「限り」の文言が萩生田光一官房副長官の指示によって付け加えていたことが明らかになりました。

安倍首相を議長とする国家戦略特区諮問会議は2016年11月9日に獣医学部が「『広域的に』存在しない地域に『限り』新設を可能」とする規制緩和を決定しており、その直前で隣の大阪府に獣医学部のある京都産業大学をふるい落とし、加計学園のみに絞り込むための操作が行われたことが記されています。

もちろん萩生田氏は記者団に対して「修正の指示を出したことはなく、文科省が公表したメールの内容は事実に反する。違和感を感じている」と語っていますが、先にBUZZAP!でも報じたように萩生田氏は落選中の2009~12年に、上述の加計学園系列の千葉科学大学で客員教授を努めて報酬を受け取っていました

また、過去の話に留まらず今現在も無給で講義の要請にも応じていないとしつつも千葉科学大学客員教授を努めている人物(魚拓)であり、れっきとした現役の加計学園の内部関係者です。

16日の内閣府の調査の結果、どのような事実が明らかになるのでしょうか?既に加計学園系列の千葉科学大学の学長と加計学園の理事を兼務していた木曽功内閣官房参与(当時)が前川事務次官(当時)と面会した際に「早く進めてほしいのでよろしく」「文科省は国家戦略特区諮問会議が決定することに従えばよい」と発言したことを前川氏が証言しています。

それに加えて萩生田副官房長官までもがこの問題に関与していたとすれば、安倍政権の中枢で加計学園の内部関係者が暗躍し、加計学園に対して大きな便宜を計ったということになってしまいますが…?

【6/16 12:50追記】
萩生田副官房長官が安倍首相と加計学園の加計孝太郎理事長と3人で「河口湖の別荘」でBBQに興じる写真が萩生田氏本人のブログはぎうだ光一の永田町見聞録から発見されて話題になっています。

当記事中でも公的な側面として萩生田氏が落選中の2009~12年に、加計学園系列の千葉科学大学で客員教授を努めて報酬を受け取っていたこと、現在も名誉客員教授であることはお伝えしていますが、加計孝太郎理事長と、その40年来の親友である安倍首相と3人で仲むつまじくBBQを行うという私的関係が存在している事が明確に示された形です。

(クリックして拡大)

この投稿は2013年05月10日にGW最終日」(魚拓というポスト名で投稿されたもの。GW最終日の前夜にBBQを行ったとの記述があるため、5月9日の出来事ということになります。

これによって萩生田氏が6月16日の参院内閣委員会で民進党の櫻井充議員の質問に対して明確な虚偽答弁をしていた事が判明ました。萩生田氏への質問は5:05から。当該部分は7:06からです。

櫻井:そこ(加計学園・千葉科学大学)で働くようになったからには(加計孝太郎)理事長とお話しすることはありましたよね?

萩生田:入学式など全体行事の時に控え室でお話しすることはございました。

加計学園6_16 山本幸三・特区担当、萩生田光一 櫻井充(民進)の質疑 :参院・内閣委員会 – YouTube

国会で萩生田氏は加計孝太郎理事長とは全体行事の場などで話す程度であると答弁しており、安倍首相と3人で私的にBBQをする繋がりについては隠蔽しています。萩生田氏は加計学園の利害関係者であり、この虚偽答弁は看過できるものではありません。なお、別件になりますが文中に

国民栄誉賞授与式から戻ったばかりの総理から長嶋・松井のサイン入りユニフォームと、審判としての現場のホットな話を聞き、盛り上がりました。背番号96は96条ではなく第96代内閣総理大臣の意味です。

という記述がありますが、ここで冗談として出てくる「96条」が日本国憲法第96条だとすると、日本国憲法第9章「改正」にある唯一の条文のことを指しています。

第九十六条
この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。
憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

「総理のご意向」文書を確認 文科省が再調査結果発表:朝日新聞デジタル

加計学園:「総理の意向」文書存在 文科省が公表 – 毎日新聞

加計学園:「官房副長官が修正指示」新たなメール明らかに – 毎日新聞

・関連記事
本当に獣医学部設置は妥当?加計学園系列大学(偏差値30台)の薬剤師国家試験合格実績がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園の獣医学部新設はどれほど馬鹿げているのか、系列大学の偏差値や四国の実態から考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「たまたま総理の友人だった」はずの加計学園と安倍政権の繋がりを網羅してみたらこの上ない濃密さでした | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園問題の文科省「総理の意向」文書を巡る経緯と再調査が単なる茶番でしかない理由をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

「内閣官房参与と前川氏の面会は確認できない」と閣議決定、ただし面会自体は両氏とも証言済み | BUZZAP!(バザップ!)

【リンクあり】前川前事務次官が証言した加計学園問題「総理の意向」文書全文が電子書籍で配信、Kindleなど4電子書店で | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園問題で「総理のご意向」と内閣府が言及した文科省の記録文書の存在が発覚、安倍首相は以前に「働きかけあれば責任取る」と明言 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加