「印象操作(森友、加計学園問題)で建設的な議論ができなかった」安倍首相が責任を野党になすりつける

このエントリーをはてなブックマークに追加

安倍首相が通常国会を無理矢理閉幕させた直後の6月19日に首相官邸で行った記者会見で、まさかの開き直りを披露してみせました。詳細は以下から。

森友学園、加計学園問題、共謀罪などで紛糾した今国会。いずれについても言えることは、「国民の財産や国民生活に関わるものであるにもかかわらず、国民が納得できる説明を一切しなかった」こと。

特に国有地が不当に安く売られた森友学園問題、獣医学部新設を認めた経緯が限りなく不自然な加計学園問題については、どちらも首相夫妻と当事者のつながりを示す証拠が相次いで見つかっているわけですが、首相は本日行われた会見で以下のように述べました。

この国会では建設的議論という言葉からは大きくかけ離れた批判の応酬に終始してしまった。政策とは関係ない議論ばかりに多くの審議時間が割かれてしまいました。国民のみなさまに大変申し訳なく感じております。

印象操作のような議論に対して、つい強い口調で反論してしまう。そうした私の姿勢が結果として政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省しております。





※今回の会見全文はログミーなどで参照できます。上記は一部を切り取って批判しているわけではありません。

つまり首相の言いたいことをまとめると、今国会で紛糾した森友学園問題、加計学園問題、共謀罪などは「野党による印象操作」だそうです。

ちなみに森友、加計学園問題を追及される度に首相が連発した「印象操作だ」という主張は、「相手が印象操作をしている」と印象操作した上で、自らの疑惑を無かったことにしようとする浅ましさの現れのようなもの。

自らの疑惑を払拭したいのであれば、野党に責任転嫁するのではなく、国民が納得できる十分な説明を行うのが何よりも重要。この会見を受け、SNSなどでは「どの口が言うのか」などのコメントが寄せられています。

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 7,086

・関連記事
【追記あり】ついに成立した共謀罪、いったいどんな法律なの? | BUZZAP!(バザップ!)

金田法相「共謀罪は人権・環境団体も対象だし2人いた時点で団体要件満たすから、認定は捜査機関次第ね」 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】従軍慰安婦問題と特別報告者に関する首相懇談の外務省文書が国連公式サイトで否定される→菅官房長官「日本側が発表した通り」と認めず | BUZZAP!(バザップ!)

「たまたま総理の友人だった」はずの加計学園と安倍政権の繋がりを網羅してみたらこの上ない濃密さでした | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園問題で「総理のご意向」と内閣府が言及した文科省の記録文書の存在が発覚、安倍首相は以前に「働きかけあれば責任取る」と明言 | BUZZAP!(バザップ!)

加計学園の獣医学部新設はどれほど馬鹿げているのか、系列大学の偏差値や四国の実態から考えてみた | BUZZAP!(バザップ!)

本当に獣医学部設置は妥当?加計学園系列大学(偏差値30台)の薬剤師国家試験合格実績がひどい | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加