フルスクリーンスマホ用、18:9の6インチ液晶「FULL ACTIVE」をジャパンディスプレイが量産開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

SamsungのGalaxy S8を皮切りに普及の兆しを見せているフルスクリーンスマホ用のディスプレイの量産をジャパンディスプレイが開始しました。詳細は以下から。

ジャパンディスプレイのプレスリリースによると、同社は6月から4辺のベゼルデザインのスリム化を実現した画面アスペクト比18:9のフルスクリーンスマホ用ディスプレイ「FULL ACTIVE」の量産を開始したそうです。

FULL ACTIVEは高密度な配線レイアウト・加工・実装の技術を追求し、従来は幅広であった画面下部のベゼルを大幅に縮小した製品で、表示画面とほぼ同じサイズの商品デザインが可能になるというもの。

また、タッチセンサー機能をディスプレイに内蔵する「Pixel Eyes」の第2世代にあたる製品で、さらなる狭額縁化や黒の表現力向上、濡れた手で触れても誤動作しにくいという特長も兼ね備えています。

・関連記事
16:9はもう古い?新型iPhoneなどが一気に18:9ディスプレイ採用の「全画面スマホ」に移行へ | BUZZAP!(バザップ!)

大画面ベゼルレス&デュアルカメラで2万円の新型スマホ「MAZE Alpha」颯爽登場 | BUZZAP!(バザップ!)

5.8インチなのに驚異的に持ちやすいスマホ「Galaxy S8」レビュー、「Galaxy S8+」も | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホのディスプレイが格段に進化した理由が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELで出遅れたジャパンディスプレイ、自社がまとめた「事業等のリスク」が当てはまりまくる事態に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加