KDDIがミャンマーでLTEを本格展開、20GB+SNS・動画専用6GBで月額2450円のプランも

このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIがミャンマーでLTEサービスを本格展開します。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社が住友商事、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同で行っているミャンマーでの通信事業において、新たに取得した1.8GHz帯を活用した「LTE+」を5月末にヤンゴン、マンダレー、ネピドーで開始し、9月末までに全国約30都市へと拡大するそうです。

LTE+では4×4 MIMOを導入し、同国最速となる下り最大150Mbpsを実現。SNSや動画配信サービスの利用ニーズを踏まえ、通常のデータ容量にSNS・動画専用データ容量がセットになったプラン「ハッピーデータコンボ」を提供するとのこと。

ハッピーデータコンボは1日、1週間、1ヶ月の有効期限が設定されたプランで、最もデータ容量が大きいもので1ヶ月20GB+SNS・動画専用データ容量6GBが29999ミャンマーチャット(約2500円)となります。

・次の記事
【詳報】人口カバー率49→96%・加入者数4倍でシェア1位、LTE本格展開にこぎつけたKDDIのミャンマー通信事業の現状は? | BUZZAP!(バザップ!)

・関連記事
2017年夏スマホのカメラ頂上決定戦、HTC U11・AQUOS R・Galaxy S8・Xperia XZsなどを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

世界最高画質のカメラ搭載「HTC U11 HTV33」速攻レビュー、充実の撮影機能と防水対応で死角無しの1台に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーがスマホカメラ向けCMOSの供給先に優先順位、Appleや中国メーカー以外は調達困難に | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】リコーがカメラ事業縮小へ、GRやペンタックスブランド消滅か | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加