無料の格安SIM「Japan Welcome SIM」をドコモが提供、広告閲覧でデータ量チャージや企業とのコラボも

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモが訪日外国人向けに無料で使える格安SIMを提供します。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社は2017年7月1日(土)から、外国人旅行者が日本滞在中に利用できるデータ通信専用プリペイドSIM「Japan Welcome SIM」の提供を開始するそうです。

Japan Welcome SIMは、訪日前に専用サイトで申し込むと、空港内の施設などでSIMカードを受け取り、ドコモの通信ネットワークを15日間利用できるサービス。APN設定は不要で、手持ちのスマホやタブレットで簡単に利用できるとのこと。

料金プランは訪日前に対象の広告動画閲覧などをすると15日間無料で128kbps通信を利用できる「プラン0(2017年10月ごろ提供)」「プラン1000(1000円、128kbps)」「プラン1700(1700円、500MB高速通信+128kbps使い放題)」の3つ。

広告動画視聴で10MB、アンケート回答で10MB、アプリインストールで50MB、広告記事閲覧で10MBをチャージできるほか、100MBを200円、500MBを700円で購入可能。

申し込みのフローをまとめるとこんな感じになります。

また、Japan Welcome SIMはドコモだけでなくパートナー企業が自社のサービスと組み合わせて販売可能。これはホテル業や旅行代理店、航空会社などの企業が、自社が企画する宿泊プランやツアー内容などに組み合わせる「オプション提供型」。

自社のWEBサービスやアプリ利用時の高速データ通信量をカウントしないサービスを提供できる「カウントフリー型」。パートナー企業はこの2種類からタイプを選べるほか、広告動画などの出稿も受け付けています。

・関連記事
「月額980円」「年間6万円以上お得!」、プレミアモバイルのキャンペーンが色々ひどい | BUZZAP!(バザップ!)

7GB使えて月額928円、格安SIMより安いワイモバイルの「アウトレットPocket WiFi」に潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

「業界最速」「SNS無料」「シェアNo.1」、行政指導を受けた格安スマホ・フリーテルの広告が本当にひどい | BUZZAP!(バザップ!)

トラブル急増で国民生活センターが注意喚起、「格安スマホを契約してはいけない人」は一体どんなタイプなのか | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加