日清食品が「黒歴史トリオ」発売へ、トラウマ級に売れなかった「サマーヌードル」「だし天茶うどん」「熱帯UFO」復活

このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品が「自らの黒歴史を掘り起こし、全国の流通ルートに乗せてお届けする」という、自傷行為に近い暴挙に挑むことが明らかになりました。詳細は以下から。

これが7月3日(月)に発売される発売される「黒歴史トリオ」特設サイト。

黒歴史トリオ|日清食品

ブームに乗って失敗することがある「夏に弱い日清」が、とびきりの黒歴史を再販するそうです。

まずは1995年夏に「緊急限定発売」と銘打たれて発売された「サマーヌードル」。なんとトムヤムスープに当時あまり知られていなかったレモングラスを入れるという、カッティングエッジな商品で、ラジオCM用に書き下ろされた真心ブラザーズの「サマーヌード」の方が有名になってしまったという一品です。

公開された当時のプレスリリースはこんな感じ。当時でも十分死語だった「ヤング」が多用されていることも驚きですが、「ターゲットであるヤング層に対して最新ハイテク機器のプレゼントキャンペーンはこの夏大いに注目を集める『はず』です」という、広報担当がとても苦労したとおぼしき一文も。

続いては緑茶飲料ブーム全盛期の2002年に発売された「どん兵衛 だし天茶うどん」。なぜかほうじ茶をベースにしたスープにわざびを利かせた、やっぱりカッティングエッジな一品です。

そして2002年夏発売の「熱帯UFO」。前年ヒットした「熱帯シーフードヌードル」の後追い商品ですが、「エスニック風焼きそば」に慣れていない当時の人たちには新しすぎたとのこと。しかしこの中では一番まともな気がしなくもありません。

また、トリオ発売に合わせて担当者インタビューが掲載されているほか、社員に対するアンケートも。「嫌な思い出がいっぱいある」と答えたのは、やはり営業担当社員でしょうか。

今なら意外と当たりそうなアイテムと、今でもまだ早すぎる気がしなくもないアイテムを合わせた3種類は7月3日発売でいずれも180円。在庫がド○キに山積みとなって「黒歴史再び」とならないことを切に願いたいところです……

なお、なぜかサイトを見てくれた利用者に対して、「相手が黒歴史になりそうなことを言った時に送るイラスト」のプレゼントが行われています。

・関連記事
黒歴史と化したVAIO PhoneにVAIO新社長が「安易な名義貸しだった」とコメント、今後の方針も明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

わずか数ヶ月で黒歴史認定か、「Galaxy Nexus」「Xperia NX」などがNTTドコモ公式ページから消滅 | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】「VAIO Phone不振は発売が遅れたせい」日本通信会長、何も分かっていなかった | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加