年利にしたら90%!自分が持ち物を一瞬でお金に換えるアプリ「CASH」がとてつもなくヤバイ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の持ち物をスマホカメラで撮るだけで、その場で現金を手に入れられるアプリが誕生して物議を醸しています。詳細は以下から。

今すぐ現金が切実に必要という時、すぐに手に入れることができたらどれくらいの対価を払いますか?先日はメルカリで現金が出品された事が大きな話題となりましたが、今度は自分の持ち物をスマホのカメラで撮影し、アプリを用いて送信するだけでほんの数秒のうちに現金に変えられるというもの。

そのアプリの名前は「CASH(キャッシュ)」。オンラインショップサービス「STORES.jp」などを提供するブラケットの創業者、光本勇介氏が新たに立ち上げた新会社「バンク」のサービス第1弾です。

プレスリリースによると「面倒な審査や手続きなども不要です。誰でも簡単に、いつでも、どこでも、自分が保有するアイテムを瞬間的にキャッシュに変えることが出来ます」という驚きのサービス。現時点ではiOSのみ対応しています。

使い方としては、スマホのカメラで撮影した現金化したい持ち物(最初はアパレルを中心としたファッションアイテムやガジェットが対象とのこと)の画像をアプリで送信し、ブランドや商品名を入れるだけ。瞬間的にアプリが査定額をはじき出してくれます。

金額に納得したら、その金額のキャッシュ(仮想通貨)が瞬時にアプリにチャージされ、銀行やコンビニ(現時点ではローソンのみ)で現金として出金することができてしまいます。

目の前のアイテムか? 一瞬て?キャッシュに変わるアフ?リ 「 CASH ( キャッシュ )」 – YouTube

ここでユーザー側が選べる選択肢は2つ。ひとつは撮影した持ち物をCASH宛に送付すること。これはチャージ時に集荷依頼票が表示され、記入すると指定日時にヤマト運輸が集配に訪れるため、渡せばOKです。

もうひとつはキャッシュを2カ月以内に返金すること。ただし、この際に手数料が15%掛かります。それはつまり…年利換算すると…90%!!

ということで、ネット上では極めてヤバいサービスであると既に大きな話題となっています。消費者金融の年利の最高値が20%(貸付金が10万円未満の場合)であることを考えると、その4.5倍という驚くべき高さとなっています。

2ヶ月を過ぎて返金も品物送付もしなかったとしても、ブラックリストに登録されてサービス使用不可となるだけで、怖い人が取立に来ることはないとのこと。放置しているからといって利息が雪だるま式に膨らむこともないとされています。

ただし、CASHは貸金業法や質屋営業法などの法律からはうまく逃れ、古物商許可の資格によってこのサービスを実現しているため、決して非合法ではありません。

しかし、電話番号以外に認証する手段を持たず、査定もないため、子どもでも簡単に使用可能。
既にCASHを試したネットユーザーの投稿をみてみると、試しに査定額を調べてみているうちにあっという間に入金され、持ち物を手放すか15%の手数料を払うかという二択に追い込まれた人も。

さらにはゴミや食べかすの写真を送ってもブランドや商品名を適当に設定すれば高額の現金が手に入る事が明らかになっており、今後どのように展開していくかは極めて不透明。メルカリの出品写真を送って査定額が高ければ落札してCASHで現金化してボロ儲けというアイディアも既に出回っており、かなりカオスな状況です。

大人も子どもも入り乱れて銭金の飛び交うこの上なくヤバい状況が容易に想像できますが、どのような結末を迎えるのでしょうか?

目の前のアイテムか?一瞬て?キャッシュに変わるアフ?リ「CASH ( キャッシュ )」 スタート!|株式会社バンクのプレスリリース

・関連記事
消費者金融「年収の1/3までの貸し付け上限規制を撤廃して!銀行カードローンは無制限なのに!」 | BUZZAP!(バザップ!)

「4月の有効求人倍率1.48倍でバブル期の最高値超え」にツッコミが寄せられまくる | BUZZAP!(バザップ!)

35~59歳の「中年ニート」が15~34歳のニートの2.2倍、123万人にも達していた | BUZZAP!(バザップ!)

「埼玉で人並みの生活するのに月収50万円必要」の示す景気回復のカギ | BUZZAP!(バザップ!)

【悲報】既婚者の小遣いが前年比4421円減の2万5082円で過去最低に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加