「安倍辞めろ!」コールに籠池理事長まで登場、安倍首相の都議選応援演説が大変なことに

このエントリーをはてなブックマークに追加

明日に都議選を控えた安倍首相の最初にして最後の街頭応援演説がえらいことになってしまいました。詳細は以下から。

7月2日に投開票される東京都議会議員選挙。森友学園問題、加計学園問題や共謀罪の強行採決など、多くの問題を孕んだまま通常国会は閉会しましたが、その後も次々に加計学園問題の新証拠や証言が飛び出し、同時に閣僚や安倍チルドレンと呼ばれる議員らの不祥事や失言、暴言が問題となっていました。

そうした中で安倍首相は都議選の街頭での応援演説にまったく立たず、学校の体育館などの閉鎖された小規模な会場でのみ応援演説をするに留まっていました。

しかし選挙戦最終日の今日、ある意味恒例となった秋葉原で最初で最後となる街頭応援演説を行ったのですが、大変なことになってしまいました。

なんと初っ端から森友学園の籠池理事長が登場。

そしてまだ安倍首相が登場する前から「安倍辞めろ!」のコールがとまりません。

安倍首相が登場すると「帰れ!」「安倍辞めろ!」のコールは最高潮に。安倍首相は候補者の応援ではなくほとんどを民主党政権批判を含めた国政の話に費やしていました。

演説の後半では「帰れ!」「安倍辞めろ!」と叫ぶ聴衆を指さすようにして「あのように人の演説を邪魔をするような行為を私たち自民党は絶対にしません。私たちはしっかりと政策を真面目に訴えていきたいんです。憎悪からは何も生まれない。相手を誹謗中傷したって何も生まれないんです。こんな人たちに私たちは負けるわけには行かない」と述べていました。

ですが、安倍首相の国会でのヤジが委員長に制止されるレベルであることは今更指摘するまでもありません。また、選挙の応援演説で目の前の聴衆を指さして「こんな人たち」呼ばわりする首相もなかなか見ることはできません。

演説動画の全体はこちらで見ることができます。当該部分は9:47付近から。

安倍晋三  都議選 7_1 アキバ電気街口 – YouTube

最終的にツイッターでハッシュタグ 「#安倍辞めろ」が上位に食い込むなど、都議選の最後のテコ入れを意図した安倍首相としては逆効果になってしまった可能性も否めません。

東京都議会議員選挙の行方はいったいどうなるのでしょうか?

・関連記事
「加計学園問題を追求されたくないから臨時国会開かない」の犯した2つの憲法違反 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相「あまりにも批判が続くから頭に来て全国規模で獣医学部新設を認めていくことにした」 | BUZZAP!(バザップ!)

安倍首相の開き直り記者会見、印象操作とデマの数々をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

憲法・自衛隊法・公職選挙法違反の数え役満、元弁護士・稲田防衛相の都知事選応援演説はどれだけアウトなのか | BUZZAP!(バザップ!)

「小池都知事は今も自民党籍」など、いまいち分かりにくい「都民ファーストの会」の実態をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加