最新スマホの影響で2017年冬はパソコン値上がりが顕著に、出荷台数減少のおそれも

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンが値上がりしそうです。詳細は以下から。

FoxconnをはじめとしたODMメーカーを数多く抱える台湾のメディア「DIGITIMES」の報道によると、2017年後半はパソコン向けの部品が不足し、値上がりや出荷台数減を招く可能性があるそうです。

これはSamsungが「Galaxy Note 8」、LGが「LG V30」、Appleが新型iPhoneといったフラッグシップスマホを相次いで発売することによるもの。

スマホメーカー各社は安定した出荷を維持できるよう、部品を多めに発注しているため、(スマホと比べて)発注数が少なく、規模感の小さいパソコンメーカーは部品を普段より高く買う必要が生まれる上、満足に供給を受けられない可能性があるとのこと。

このような状況はDRAM、パネルなどを手がける部品メーカーに高収益をもたらす一方、パソコンメーカーの出荷台数などに影響を与えるとみられており、とりわけ2017年第3四半期よりも第4四半期に状況は悪化するとされています。

・関連記事
2017年下半期はスマホの部品不足が深刻化か、冬モデルに影響も | BUZZAP!(バザップ!)

Xiaomiの新型スマホ発売に大幅な遅れ、有機EL調達困難で仕様ダウングレードも | BUZZAP!(バザップ!)

「量産を保証できるレベルではない」有機EL搭載のiPhone 8、11~12月発売にずれ込みか | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneに独自開発の有機EL採用か、Appleが研究開発拠点を設立へ | BUZZAP!(バザップ!)

スマホ大手が満を持して発売したパソコン「Xiaomi Air」や「Huawei Matebook」不振、新モデルに影響も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加