auが「おもいでケータイ再起動」を全国で実施、昔使ってた携帯電話を充電・起動&写真のプリントも

このエントリーをはてなブックマークに追加

昔使っていた携帯電話を持ち込むと専用機器で充電・再起動し、保存されている写真を印刷してくれるイベント「おもいでケータイ タイムトラベル」が昨年au SHINJUKUで実施されましたが、「おもいでケータイ再起動」として全国展開することになりました。詳細は以下から。

KDDIのプレスリリースによると、同社は過去に利用していた携帯電話を充電・再起動し、思い出の写真をプリントして渡す「おもいでケータイ再起動」を全国のKDDI直営店で開催するそうです。

第1弾は「au NAGOYA」で2017年8月18日から2017年8月20日まで開催し、その他のKDDI直営店でも順次開催予定とのこと。

一定期間充電していない携帯電話は、電池の完全放電や過放電によって充電ができなくなる場合があるため、再起動には電池ごとに最適な充電が行える専用機器「バッテリーテスター」が必要。

同イベントではKDDI直営店に「バッテリーテスター」を設置して「おもいでケータイ再起動」をサポートするだけでなく、直営店に行くことが難しい利用者に対して、個別訪問企画も実施されるとしています。

実際に思い出の写真をプリントしている様子はこんな感じ。

なお、au NAGOYAでの同イベントについては、2017年7月27日~2017年8月13日にかけて「こちらのサイト」から事前申し込みできます。

・関連記事
とにかく懐かしさがいっぱい、auの「おもいでケータイ タイムトラベル」で遊んできた | BUZZAP!(バザップ!)

【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | BUZZAP!(バザップ!)

【初公開】深澤直人デザインの新コンセプトモデル「SHINKTAI(シンケータイ)」レビュー、反響次第で製品化も | BUZZAP!(バザップ!)

今と全く異なる料金プラン、KDDI発足当時のauのカタログがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

15周年を迎えたau design project博覧会「ケータイの形態学 展」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【初公開】幻となった「iida G13」コンセプトモデルレビュー、あの名機の最新モデルはスマホになる予定だった | BUZZAP!(バザップ!)

スライド式フルキーボード搭載の「SUPER INFOBAR」や「INFOBAR PAD」など、バリエーションモデルいろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

草間彌生×auの100万円ケータイ、iida「Art Editions YAYOI KUSAMA」が8年振りに一堂に会したので撮りまくってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加